2018年、この来日ライブがすごかった! ライブレポートを一挙ご紹介【上半期:1月~6月編】

1月のムラ・マサ、イマジン・ドラゴンズに始まり、ポール・ウェラー、フランツ・フェルディナンド、ブルーノ・マーズ、エド・シーラン、ゴリラズとたくさんのアーティストたちが来日公演で盛り上げた2018年上半期。

本記事では、1月から6月の来日レポートと渋谷陽一、山崎洋一郎のブログを合わせてご紹介する。

2018年、観に行ったライブも行っていないライブも、下記のレポートを読んで追体験してほしい。


1月



ムラ・マサ
MURA MASAを観る。新年早々に、きっと今年を代表するライブのひとつになりそうなものを体験できた。
思った以上に熱く肉体的なパフォーマンスだった。 シンセドラムとシンバルを合体した武器をDJ台の左右に置き、ひたすら叩きまくる。 そしてBonzaiのヴォーカルの圧倒的な肉体性。言うまでもなく鳴っているのはデータ化された音がほとんどなのだが、ステージで放たれる肉体のエネルギー量は凄まじいものがあ…
MURA MASAを観る。新年早々に、きっと今年を代表するライブのひとつになりそうなものを体験できた。

イマジン・ドラゴンズ
【来日レポ】イマジン・ドラゴンズ @ 東京体育館公演
昨年夏にリリースされた通算3作目のアルバム『エヴォルヴ』は、英米1位こそ逃したものの世界各地でチャート上位に食い込み、ラスベガス出身のイマジン・ドラゴンズが今や全世界的な人気バンドであることを証明した。それを受けての新作ツアー「EVOLVE WORLD TOUR」は、2017年内に北米を巡…
【来日レポ】イマジン・ドラゴンズ @ 東京体育館公演 - Photo by MITSUHIRO GONDAI
昨日はイマジン・ドラゴンズ、今日はフォスター・ザ・ピープル、熱いロックな2日間だった。
イマジン・ドラゴンズはとても洗練されたモダンポップな世界を堪能出来る、筋肉質で鍛え上げられたステージだった。 サマソニの印象があって、もっと汗臭いライブを予想していたのだが、スタジアム・バンドとしての地位が確立されたことで洗練度と安定度が増した感じがした。 近々、新聞にライブ評を書く予定だ。 …
昨日はイマジン・ドラゴンズ、今日はフォスター・ザ・ピープル、熱いロックな2日間だった。
イマジン・ドラゴンズを東京体育館で観た
彼らの新譜を去年のワースト・アルバムに選んでる洋楽誌があったが、感性が90年代だか00年代で止まっているのだろう。 バンドという形態の10年代的なあり方として、イマジン・ドラゴンズは極めて有効な、理想形とも言っていい優れたバンドだ。 ロックからも、ロックではないことからも解放された「バンド…

フォスター・ザ・ピープル
【来日レポ】フォスター・ザ・ピープル @ 新木場Studio Coast公演
昨年の夏にリリースした3rdアルバム『セイクレッド・ハーツ・クラブ』を引っ提げての来日公演を果たしたフォスター・ザ・ピープル。アルバムごとに果敢に音楽性を進歩させてきたフォスター・ザ・ピープルだが、そうした試みとその成果を音として実感させる、頼もしいライブだった。 オープナーとなった…
【来日レポ】フォスター・ザ・ピープル @ 新木場Studio Coast公演 - Photo by Masanori Naruse

ナッシング・バット・シーヴス
【来日レポ】ナッシング・バット・シーヴス @ 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE公演
世界的なギター・ロック、バンド・ミュージックの苦境はほぼ常態と化した感がある2010年代後半だが、UKシーンももちろんその影響下にある。でも、例外的にセールス、バンドの規模感、堅固なファンベースをキープしているバンドたちもいて、中でも目立った集団を形成しているのがミューズやビッフィ・クライ…
【来日レポ】ナッシング・バット・シーヴス @ 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE公演 - Photos by Yoshika Horita
ナッシング・バット・シーヴスを観た。
2015年、サマソニで観た時はまだデビュー前だった。あの時の初々しさ、特にコナーの少年のような佇まいは印象的だった。 それから3年しかたっていないのに、この堂々とした存在感は凄い。やはり新人としては異例とも言える実績が彼らに自信を与えたのだろう。ライブハウスには収まり切らないエネルギーとスケール…
ナッシング・バット・シーヴスを観た。
ナッシング・バット・ジーヴスの来日公演を観た
2度のサマソニ、2度の単独来日ライブと、観るたびに逞しく成長を遂げるナッシング・バット・シーヴス。 コナーの見事なハイトーンヴォイスからミューズと比較されることが多いが、ユニークなアイデアの組み合わせで作られた型にはまらない楽曲の面白さ、という点では、様式美と完成度の高さで圧倒するミューズとはか…

フリート・フォクシーズ
帰って来たフリート・フォクシーズを観る。
2012年の来日公演を最後に5年の活動休止に入ってしまったフリート・フォクシーズが帰って来た。 素晴らしいライブだった。 見事なコーラス・ハーモニー、絶妙の楽器アンサンブル、それが作り出す桃源郷に浸っていると、あっという間に100分が経ってしまう。まさにフリート・フォクシーズのライブ・バンドと…
帰って来たフリート・フォクシーズを観る。

ポール・ウェラー
【速報】ポール・ウェラーをEX THEATER ROPPONGIで観た!
ポール・ウェラー、約3年ぶりの来日ツアーのファイナルとなったEXシアター公演。アンコール2回を含む2時間ちょいのステージで30曲近くプレイするというフルボリューム、と言うか30曲近くやってなお2時間ちょいで収まるという密度が凄かった。ほとんどブレイクなしでガンガン弾いて歌って動き続けるウェ…
【速報】ポール・ウェラーをEX THEATER ROPPONGIで観た!
【来日レポ】ポール・ウェラー @ EX THEATER ROPPONGI公演
ポール・ウェラーの約3年ぶりの来日ツアーだった。ちなみにウェラーは2015年、2012年、2009年、2006年と、直近10年以上にわたって常に3年周期での単独来日を行っている(その間にはフェス来日も別途あったりする)。しかも、この全ての来日が新作ツアーなのだ。しかもしかも、今回の会場がな…
【来日レポ】ポール・ウェラー @ EX THEATER ROPPONGI公演 - Photo by Kazumichi Kokei
雪の東京でポール・ウェラーの熱いライブを観る。
バンドが絶好調で、完璧なアンサンブルと最高のグルーヴが楽しめるステージだった。 2時間を超える力の入った内容で、雪の中を頑張ってやって来たお客さんは大満足だったと思う。 写真は今日の会場、六本木のEXシアターの入口。雪に弱い東京は電車も道路も厳しかった。
雪の東京でポール・ウェラーの熱いライブを観る。

フランツ・フェルディナンド
【速報】フランツ・フェルディナンドを新木場Studio Coastで観た! 新章の幕開けとして完璧な一夜
フランツ・フェルディナンドの一夜限りのプレミア来日公演、即完の新木場Studio Coastはギッチギチの超満員で壮観!ニュー・アルバム『オールウェイズ・アセンディング』のリリース前にも拘らず、『オールウェイズ・アセンディング』からのナンバーをバンバンやり、リリース前の新曲で満員のコースト…
【速報】フランツ・フェルディナンドを新木場Studio Coastで観た! 新章の幕開けとして完璧な一夜
【来日レポ】フランツ・フェルディナンド @ 新木場Studio Coast公演
ニュー・アルバム『オールウェイズ・アセンディング』の日本リリースを2月9日に控えるフランツ・フェルディナンドの、一夜限りのプレミア来日公演だった。新作リリース前に彼らがこうして来日したのには、「MUSIC STATION」を含む数々のプロモーションをしっかり日本で展開したかったことも理由と…
【来日レポ】フランツ・フェルディナンド @ 新木場Studio Coast公演 - Photo by Kazumichi Kokei
フランツ・フェルディナンドを新木場スタジオコーストで観た
もうすぐニューアルバムが出るというタイミングでの貴重な来日公演。 ライブハウスで観れるのが嬉しい。 シングル曲は全部やってくれて、ニューアルバムからも何曲か。 その新曲のときにはお客さんは真剣に見入っていて、フランツの音楽に絶大な信頼を寄せているのが伝わってくる。 楽しいダンス・ロック…
フランツ・フェルディナンドを新木場スタジオコーストで観た

ジュリアン・ベイカー
ジュリアン・ベイカーを渋谷WWWで観た
数多いる新世代シンガーソングライターの中でも、明らかに本物としての素質を感じさせるジュリアン・ベイカー。 新作『Turn Out The Lights』のクオリティーの高さに心を惹かれてライブも楽しみにしていたのだが、期待を超える感動的なライブだった。 カトリック信者で同性愛者であることの…
ジュリアン・ベイカーを渋谷WWWで観た

2月



スーパーオーガニズム
【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演
18歳の日本人女性・オロノ(Vo/Sampler)がフロントウーマンを務める8人組バンドであるスーパーオーガニズムが本格的に活動を始めたのは、およそ1年前。ニューカマーもニューカマーである彼らだが、この日の公演はソールドアウト。関係者を含めて400人以上が渋谷WWWに詰め掛けた。日本のオー…
【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe
スーパーオーガニズムをついに渋谷WWWで目撃した
最高。 何も新しいことを主張していないのに、何もかもが新しい。 サンプラーを大量に使いながらも全て人力のバンドサウンドとして鳴らす──という90年代のグランドロイヤルとか渋谷系のDNAが20年先にんな爆発を起こすとはもちろん予測していなかった。 子供の声も水中の音もJR東日本の音もリンゴ…
スーパーオーガニズムをついに渋谷WWWで目撃した

ザ・エックス・エックス
The xx を幕張メッセで観た
去年のフジロックからわずか半年で、あの素晴らしいステージが単独のフルサイズで観れるのはほんとラッキー。 アルバム『I See You』の躍動感が加わってパワーアップしたあのライブを、完全な形で観れるのは嬉しい。 彼らの楽曲は初期の頃から、「ムーディーなのになぜか肉体性がある」と思わせたが、…
The xx を幕張メッセで観た

ファーザー・ジョン・ミスティ
ファーザー・ジョン・ミスティの来日公演、耳も心も頭も満たされる豊かなライブだった
知性的な歌で世界を読み解きながら、自分もその悲劇と喜劇の世界の住人であることもちゃんと引き受けて歌う姿と歌声は、美しかった。
ファーザー・ジョン・ミスティの来日公演、耳も心も頭も満たされる豊かなライブだった

ボノボ
Bonoboを観る。フジも凄かったけど、単独はやはりもっと凄かった。
ドラム、ギター、キーボードにボーカル、そして3人のホーンまで加わる大編成。 フジの時以上の肉体性とエモーションが感じられるパフォーマンスが素晴らしかった。 フジの時、このブログで映像的にも完璧な環境での単独ライブが見たいと書いたが、それが実現して大満足だった。同じ思いの人も多かったと思う。
Bonoboを観る。フジも凄かったけど、単独はやはりもっと凄かった。

ライド
【来日レポ】ライド @ Tokyo Dome City Hall公演
昨年のサマーソニックのホステス・クラブ・オールナイターでの出演以来となるライド。2015年に再結成してから初のリリースとなるアルバム『ウェザー・ダイアリーズ』を昨年リリースし、今回は新作EP『Tomorrow’s Shore』を引っ提げての来日だ。 2015年のフジロックフェスティバ…
【来日レポ】ライド @ Tokyo Dome City Hall公演
RIDEの来日公演、垣間観る
2曲目でいきなりの「Seagull」、来てよかった。 初期の頃と演奏の圧とサウンドのエッジが何も変わらないことが嬉しい。 ゴー・ゴー・ペンギンと重なって、今回はRIDEは最初の25分しか観れなかったのが本当に残念。
RIDEの来日公演、垣間観る

ゴーゴー・ペンギン
ゴーゴー・ペンギンをブルーノート東京で観た
新作アルバムも良かったが、やはりライブで観たいアーティスト。 生のピアノ、ドラム、ベースのトリオでエレクトロニック楽器は一切なし。 エレクトロニカ的な反復する楽曲の中に緩急、抜き差し、変則リズムを巧みに取り入れながら、エモーショナルな高まりにまで持っていくコンビネーションはすごい。 …
ゴーゴー・ペンギンをブルーノート東京で観た

インキュバス
【来日レポ】インキュバス @ Zepp Tokyo公演
インキュバスのメジャー・デビュー・アルバム『S.C.I.E.N.C.E.』のリリースは1997年だから、リンプ・ビズキットとほぼ同期、KOЯNは少しだけ先輩で、リンキン・パークは少しだけ後輩にあたる。 彼らの立ち位置をヘヴィ・ロック、ニュー・メタル、ファンク・メタルといったカテゴリー上で…
【来日レポ】インキュバス @ Zepp Tokyo公演 - Photo by SARU (Ayumi Saruya)

パラモア
【来日レポ】パラモア@ Zepp Tokyo公演
前回の来日公演は8年前。以降、パラモアは世界的地位を確立し、前作『パラモア』は全米チャート1位を獲得、収録楽曲“Ain’t It Fun”はグラミー賞最優秀ロックソング賞を受賞した。しかし華々しいキャリアの裏で、メンバーチェンジの問題に悩まされ続けていたこともまた事実だ。2010年にジョシ…
【来日レポ】パラモア@ Zepp Tokyo公演

フィフス・ハーモニー
【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演
カミラ・カベロ脱退後、4人体制で活動を続け、昨年の3rdアルバム『フィフス・ハーモニー』を引っ提げてのフィフス・ハーモニー来日公演。成り行き的には当然ともいえるが、セットも『フィフス・ハーモニー』収録曲をすべて投入してくるという攻撃的な内容で、彼女たちのひたむきな思いを叩きつけてくる、熱い…
【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOI

3月



ジ・アマゾンズ
ジ・アマゾンズを渋谷クアトロで観た
イギリスはレディング出身の新世代ロック・バンド、去年のフジロックに続いて初の単独来日公演。 テクニックもポテンシャルもそんなには突出していないが、だからこそ若さで押し切るブギーや直球のヘヴィーなロックンロールが痛快に聴こえる。 あえてロックとか一周してロックとか、リバイバルとしての…
ジ・アマゾンズを渋谷クアトロで観た

スタークローラー
【来日レポ】スタークローラー @ 渋谷チェルシーホテル
話題沸騰中のロックンロール新星、スタークローラーの待望の初来日公演、その記念すべき初日の会場は渋谷のチェルシー・ホテルだった。本来の初日であった7日のO-NEST公演の即完を受けての追加公演だったが、この日も見事にソールドアウト。狭く細長いフロアはギッチギチの超満員で、彼女たちのようなロッ…
【来日レポ】スタークローラー @ 渋谷チェルシーホテル - photo by 古渓一道/Kazumichi Kokei

ジェット
【速報】ジェット、8年ぶりのスタジオコーストに燃える!
復活して、昨年のフジロックでも観たが、今回は丸8年ぶりのジャパンツアー。東名阪とも会場は前回と同じで、なおさら感慨深い。 バンドが進化しているかと言えばそんなことはなくて、正しく年輪を重ね、正しくルーズになり、ここぞというときにビシッと決める。それがかっこいい。ニックは昨年末ソロ作を…
【速報】ジェット、8年ぶりのスタジオコーストに燃える!
【来日レポ】ジェット @ 新木場Studio Coast公演
ブルース・スプリングスティーンの2017年豪州ツアーでサポート・アクトを依頼されたことを契機に、解散から約5年で復活を遂げたジェット。結果的にはサポート・アクトに先行して復活ライブを行い、昨夏にはフジロック来日も果たした。そして2018年、丸8年ぶりとなる日本でのヘッドライナー・ツアーを開…
【来日レポ】ジェット @ 新木場Studio Coast公演 - Photo by Rie Fujiwara (写真は3月8日・大阪公演のもの)

ジョン・レジェンド
ジョン・レジェンドをEXシアター六本木で観た
愛と平等のメッセージ、そしてセクシーで力に満ちた歌声。 安定感のある王道のソウル・ショーを、ちゃんと2018年のモードで作り上げる力量とセンスには唸らされた。 海外ならアリーナ級のアーティストであるジョン・レジェンド。 今の新世代のオルタナR&Bシンガー達とは違う、オーセンティックな…
ジョン・レジェンドをEXシアター六本木で観た

ケイティ・ペリー
【来日レポ】ケイティ・ペリー @ さいたまスーパーアリーナ
3年ぶりの来日となったケイティ・ペリーの公演だが、新作『ウィットネス』の楽曲を前面に打ち出しながらも、ケイティのアーティストとしての全貌を嫌というほど味わいつくさせる、あまりにも完璧すぎる素晴らしいライブだった。 会場が暗転してバンドが登場すると、大歓声が上がる中、ビジョンにさまざま…
【来日レポ】ケイティ・ペリー @ さいたまスーパーアリーナ - Photo by Masanori Doi
ケイティ・ペリー、さいたまスーパーアリーナ公演を観た
これほどLEDスクリーンの映像に頼って「いない」海外アーティストのアリーナ・コンサートを久しぶりに観た。 生身のダンサーがコスチュームや着ぐるみを何度も着換えて登場し、人が動かすオブジェや大道具、ケイティ自身の寸劇やプロレスまがいのアドリブなどなど、映像やデジタルに頼らない人力の力強さと躍動感に…
ケイティ・ペリー、さいたまスーパーアリーナ公演を観た

Vans Warped Tour Japan 2018
Vans Warped Tour Japan 2018(1日目)@ 幕張メッセ 国際展示場9~11ホール
90年代後半のシーンを制覇したニュー・メタルの双璧である、KOЯNとリンプ・ビズキットをヘッドライナーに迎えて行なわれた「Vans Warped Tour Japan 2018」の第1日目。4年前のノットフェスト・ジャパンにも両者揃って出演したが、スリップノットの看板の下に別日程でエントリ…
Vans Warped Tour Japan 2018(1日目)@ 幕張メッセ 国際展示場9~11ホール - KOЯN Of (C)Vans Warped Tour Japan All Rights Reserved.
Vans Warped Tour Japan 2018(2日目)@ 幕張メッセ 国際展示場9~11ホール
「Vans Warped Tour Japan 2018」、2日目でヘッドライナーを務めたプロフェッツ・オブ・レイジは、ご存知の通り、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの楽器隊3人=トム・モレロ/ティム・コマーフォード/ブラッド・ウィルクが、サイプレス・ヒルのB-リアルとパブリック・エネミ…
Vans Warped Tour Japan 2018(2日目)@ 幕張メッセ 国際展示場9~11ホール - Prophets of Rage (C)Vans Warped Tour Japan All Rights Reserved.

次のページブルーノ・マーズ、エド・シーラン、ゴリラズetc……4月~6月のライブレポートへ!
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする