ザ・ビートルズの解散をほのめかす手紙2通がオークションに出品。以前に700万円弱の値がついた手紙が再出品

ザ・ビートルズの解散をほのめかす手紙2通がオークションに出品。以前に700万円弱の値がついた手紙が再出品

ザ・ビートルズの解散を示唆する2通の手紙が、オークションに出品されたことが明らかとなった。

「Rolling Stone」によると、その手紙は1969年3月にポール・マッカートニーと結婚したリンダ・イーストマン(旧姓)の父兄にあたるJohn EastmanとLee Eastmanに宛てて、メンバーが1969年1月と4月に送付したものだという。

直筆サインや著名人の手紙を販売するウェブサイト「Moments in Time」が22万5000ドル(約2470万円)で出品している1969年1月の手紙には、ザ・ビートルズのメンバー4人とApple Corpsの代表だったNeil Aspinallの署名があり、「甲(バンド側)は提案された全ての契約に関して乙(弁護士)を雇い、甲の交渉において乙に権限を委ねる」と記されている。

ところが、その3ヶ月後にジョン・レノンジョージ・ハリスンリンゴ・スターは、John Eastmanと業務上の関係を断ち切る旨の署名入りの手紙を送付。3人は、ローリング・ストーンズのマネージャーだったAllan Kleinに業務を委ねることを望んでいたが、ポールは義理の父兄を選んだと伝えられている。

32万5000ドル(約3570万円)の値がつけられている1969年4月の手紙には、「これは乙が、ザ・ビートルズまたはザ・ビートルズが所有するいかなる企業の弁護士、または法廷代理人としても承認されていないことを知らせる手紙です。甲は、乙が個人的にポール・マッカートニーの代理を務めることは認めます。この件に関して甲の担当者に、乙に最大限の協力を与えるよう指示します」と記されていたとのことだ。

1969年4月の手紙は、2005年にビートルズの解散を招いたとして「解散レター(split letter)」と名打ってオークションに出されたことがあり、個人のコレクターにより約6万3000ドル(約690万円)で落札されている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする