グリーン・デイ、89年収録とみられる初期の未発表“Stay”のライブ音源がYouTubeに。ビリー・ジョーの兄弟制作のインディ映画提供曲?

グリーン・デイ、89年収録とみられる初期の未発表“Stay”のライブ音源がYouTubeに。ビリー・ジョーの兄弟制作のインディ映画提供曲?

グリーン・デイの初期の未発表曲、“Stay”のライブ音源がYouTubeで公開されていることが分かった。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=MBh378yNqEc

ネット掲示板の「Dimeadozen」に投稿されたものをもとに、Todd Pritchardというギタリストによって公開された同音源は、1989年6月22日にロンドンのBerkeley Squareにてレコーディングされたものと説明されている。

この日付が正しければ、バンドの1stアルバム『39/スムーズ』のリリースより以前にレコーディングされたものということになる。

「NME」によると、この楽曲はこれまでファンの間で“World vs. World”と呼ばれてきたもので、ビリー・ジョー・アームストロングの兄弟によるインディ映画のために書かれたものだと言われているとのこと。

なお、グリーン・デイのメジャー・デビュー・アルバムである『ドゥーキー』(1994)は今年でリリースから25年を迎えており、25周年ツアーの可能性も噂されている。

また今月の初めにはビリー・ジョーが、「25周年という大きな節目に対する感謝と様々な想い」としてInstagramに『ドゥーキー』への想いを長文で綴っていた。

グリーン・デイ、『ドゥーキー』のリリースから25周年を受けてビリー・ジョーが想いを綴る。「未来は確かじゃないことだらけだったけど、気にしちゃいなかった」
グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが、彼らのアルバム『ドゥーキー』がリリース25周年を迎えたことを受けて、SNSでコメントを発表している。 「NME」によると、昨年バンドは『ドゥーキー』に収録されている全曲をリハーサルし、25周年ツアーの可能性を示唆していたという。 …
グリーン・デイ、『ドゥーキー』のリリースから25周年を受けてビリー・ジョーが想いを綴る。「未来は確かじゃないことだらけだったけど、気にしちゃいなかった」
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする