『ヒプノシスマイク』の真髄たる「音楽」の魅力に声優インタビュー&アルバム全曲解説で迫る!

『ヒプノシスマイク』の真髄たる「音楽」の魅力に声優インタビュー&アルバム全曲解説で迫る!
2017年に始動した、男性声優キャラによるラップバトル・プロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle』。発売中の『CUT』2019年5月号では、待望の1stフルアルバム『Enter the Hypnosis Microphone』を前に初の『ヒプノシスマイク』特集を敢行。コンテンツの真髄たる「音楽」を通して、その魅力に迫った。

今回の特集には、イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!より山田三郎役の天﨑滉平、シンジュク・ディビジョン 麻天狼より観音坂独歩役の伊東健人が登場。『ヒプノシスマイク』を通して初めてラップに挑戦したふたりは、楽曲への想いを次のように語る。

今まで、歌とお芝居を切り離して考えていたんですが、『ヒプノシスマイク』で、ラップの中でも芝居のニュアンスをつけてみたことで、歌もお芝居も同じなんだ、ということに気づきました(天﨑)

(独歩のソロ曲)“チグリシア”は、完全に韻を踏むとかじゃなくて、言葉を詰めて、自分の感情に赴くままに語っていく中で、狙わずして韻を踏んでる時がかっこいいんです。ヒップホップの知識がゼロだったぶん、そういうことすべてが吸収されていきますね(伊東)


また、それぞれのディビジョンについての想いも赤裸々に明かされた。

他のディビジョンのキャラクターはわりと個々の色が強い中で、イケブクロの3人は一緒にいることによってより力が増すというか、ひとつの力になる魅了があると思います(天﨑)

(優勝した時)麻天狼としてどうそこにいるべきかをすぐに共有できた。そういう基本的な冷静さみたなものが同じなので、この3人で良かったなあとって思います(伊東)


本特集では、ふたりへのインタビュー&撮り下ろし写真に加え、1stフルアルバム『Enter the Hypnosis Microphone』全曲レビューも掲載されている。『ヒプノシスマイク』の音楽の魅力に迫った『CUT』ならではの特集、是非手にとって読んでほしい。

『ヒプノシスマイク』の真髄たる「音楽」の魅力に声優インタビュー&アルバム全曲解説で迫る! - 『CUT』2019年5月号『CUT』2019年5月号

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする