コートニー・ラヴ、ホール再結成について「話をしてる」。2ndアルバム『リヴ・スルー・ディス』25周年を記念して?

コートニー・ラヴ、ホール再結成について「話をしてる」。2ndアルバム『リヴ・スルー・ディス』25周年を記念して?

コートニー・ラヴが、ホールの2ndアルバム『リヴ・スルー・ディス』が25周年を迎えたことを機に、再結成ツアーを考えていると明かしていることがわかった。

『リヴ・スルー・ディス』は、当時コートニー・ラヴの夫でニルヴァーナのフロントマンだったカート・コバーンが自ら命を絶った1994年4月に発売され、セールス的には成功したものの不運な状況で発売された作品だ。


The Guardian」のインタビューにて、コートニーは再結成ツアーについて次のように語っていたという。

再結成について話をしてるわ。過去に敬意を払うことに何も問題はないし、そのことに気づいたばかりなの。自分がしなければ他の人が歴史を塗り替えちゃうし、自分は都合の悪い女になってしまう。


SPIN」によると、90年代半ばのラインナップ、コートニーとギタリストのエリック・アーランドソン、ドラマーのパッティー・シェメルとベーシストのメリッサ・オフ・ダ・マーが一緒にライブを行ったのは、2012年にパッティー・シェメルのドキュメンタリー映画『Hit So Hard』の上映アフター・パーティーで、4人が2曲演奏したのが最後になる。

2014年にもコートニーは、「The Quietus」のインタビューで再結成についてほのめかしていたが、実現には至っていない。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする