ポール・マッカートニー、76年のライブ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』について語ったインタビューが公開

  • ポール・マッカートニー、76年のライブ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』について語ったインタビューが公開
  • ポール・マッカートニー、76年のライブ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』について語ったインタビューが公開
  • ポール・マッカートニー、76年のライブ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』について語ったインタビューが公開
  • ポール・マッカートニー、76年のライブ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』について語ったインタビューが公開

7月12日(金)に過去にリリースしたライブ盤4枚をリイシューするポール・マッカートニーが、同リイシュー作品より『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』について語ったインタビュー記事が公開された。

ポールの日本公式サイトにて公開されたインタビューの翻訳記事では、『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』のツアーから再びザ・ビートルズの楽曲を演奏するようになった理由などが語られている。


『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』は、1975年9月から1976年10月までに行われたウイングスの「Wings Over The World Tour」から、1975年5月および6月に行なわれた北米公演におけるステージでのベスト・テイクをまとめたライブ・アルバムとなっている。

なお、ポールは今回のリイシューの準備を行う中で、『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』、『バック・イン・ザ・U.S.S.R.』、『ポール・イズ・ライヴ〜ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!!』、『アメーバ・ギグ』の4作それぞれについて語ったそうで、今後数ヵ月にわたりPaulMcCartnery.com に掲載されていく予定とのことだ。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする