Official髭男dism、初の日本武道館は音楽の喜びがうねり上げていた

Official髭男dism、初の日本武道館は音楽の喜びがうねり上げていた
髭男のライブを観ると音楽の素晴らしさが感じられ過ぎて、もしも音楽がなくなってしまったらと思い怖くなるくらい。
だからこそ誰もが音楽がずっとなくならないことを感じようと自然と声を上げ、手を叩き、ステップを踏んで、音楽の一部になってしまう。
彼らはこの音楽がくれる幸せを決して止めない、その信頼感がとてつもない中毒性を帯びながら観客を包み込み、観客の喜びが髭男の音楽をどんどん大きくする。
この純粋に音楽そのものであり続けながら、エネルギーの対流を生み出していく髭男のバンドとしての姿勢は、もはや無敵だ。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする