ブルース・スプリングスティーンが30人を超えるバンドをバックに演奏! 『ウエスタン・スターズ』全曲再現ライブ作品より“Sundown”のMV公開

ブルース・スプリングスティーンが30人を超えるバンドをバックに演奏! 『ウエスタン・スターズ』全曲再現ライブ作品より“Sundown”のMV公開

6月に5年ぶりとなるニュー・アルバム『ウエスタン・スターズ』を発表したブルース・スプリングスティーンが、同アルバムの全曲再現ライブ・アルバム『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』より“Sundown”のミュージック・ビデオを公開した。

同ビデオでは、スプリングスティーンが20人のフル・オーケストラを含む30人を超えるバンドをバックに演奏している。


全米で10月25日、日本では11月6日にリリースされる『ウエスタン・スターズ―ソングズ・フロム・ザ・フィルム』は、コンサート・ドキュメンタリー・フィルム『ウエスタン・スターズ』のサントラで、スプリングスティーンにとってはこれが監督デビュー作になるという。

ブルース・スプリングスティーンが30人を超えるバンドをバックに演奏! 『ウエスタン・スターズ』全曲再現ライブ作品より“Sundown”のMV公開

同サントラには、『ウエスタン・スターズ』の全収録曲の完全再現ライブに加え、最後にグレン・キャンベルへの追悼の意を込め“Rhinestone Cowboy”のカバーが収録されている。

脚本と演奏をスプリングスティーンが手掛けた同映画は、2019年度のトロント国際映画祭で初上映された。


スプリングスティーンは同映画に対し、「このアルバムのツアーは行わないことはわかっていた。なのでこの作品を観客に届ける方法はないか考えていたが、これ(映画)が最適な方法だと考えた。みんなに見てもらうのを楽しみにしているよ」と述べていたという。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする