King GnuツアーファイナルのZepp Tokyo、熱く気高く美しく狂い咲いていた

King GnuツアーファイナルのZepp Tokyo、熱く気高く美しく狂い咲いていた
こんな「気持ち良さ」だけでできている音楽を鳴らすバンドが、紅白歌合戦を、レコード大賞を、テレビCMを、さまざまなメディアを、さまざまなライブ空間を何ひとつ曲げずに席巻しまくる時代。
どう考えても楽しまない手はない、そんな衝動が最初から最後まで溢れて止まらないツアーファイナルだった。
ラストの“サマーレイン・ダイバー”までやり切ったあと常田が客席に軽やかにギターを放り込んで去っていく潔さが会心のツアー、会心のファイナルを物語ってたと思う。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする