アイアン・メイデン、2020年に新ALをリリースか? プロデューサーがバンドとのスタジオ入りを示唆

アイアン・メイデン、2020年に新ALをリリースか? プロデューサーがバンドとのスタジオ入りを示唆

アイアン・メイデンが、2020年にニュー・アルバムをリリースするのではないかと報じられているようだ。

Consequence of Sound」によると、長年にわたりアイアン・メイデンのアルバム制作に携わってきたプロデューサーのケヴィン・シャーリーが、2019年を振り返ったFacebookへの投稿の中で次のように綴っていたという。

家族を残してパリに向かった。そこで3ヶ月にわたり、名前は言えないがそれほど秘密とは言えないプロジェクトに懸命に取り組んだ。耳に鳴り響く騒音は終わったよ。

イタリアのファン・サイト「Maiden Concerts」が、複数のSNSを調査した結果、アイアン・メイデンのメンバーとケヴィンがパリに数週間にわたり滞在していたと4月に報じており、これらの情報から「それほど秘密とは言えないプロジェクト」とはニュー・アルバムの制作ではないかとみられているそうだ。

なお、バンドは2020年5月に「LEGACY OF THE BEAST TOUR」の一環として4年振りとなる来日公演を行なう予定だ
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする