リアム・ギャラガー、最新アルバムに収録されなかった楽曲の存在を明かす。「(ザ・フーの)“My Generation”のような曲」

リアム・ギャラガー、最新アルバムに収録されなかった楽曲の存在を明かす。「(ザ・フーの)“My Generation”のような曲」

リアム・ギャラガーが、最新アルバム『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』には収録されなかった楽曲の存在を明かし、今後リリースする可能性もあることをSNS上で明かしている。

Radio X」によると、リアムは未発表曲について「去年、“The World's In Need”という曲を書いたんだ。リリースしなくちゃならないかもな。それは真実だから音程が狂ってたって関係ねえ」とTwitterに投稿。


さらに、リアムは、“The World's In Need”の歌詞の一節だと思われる文章をツイートしている。

「それが俺を呼び、お前のことも呼んでる。聞いてくれ。お前のもとへ行こう。俺が心の平静のサインを求めていることをわかってくれ。必要としている世界は神の御加護を送ってる」

このリアムのツイートにファンの一人がオアシスの“Songbird”のような曲なのかと質問すると、リアムは「いいや。(ザ・フーの)“ My Generation”のような曲だ」と返答していたそうだ。


また、別のファンが「(曲の)残りをノエルに書いてもらったら?」とコメントすると「(ノエルが)ぶち壊すだろうな」と返答していたという。


なお、リアムは、現地時間8月28日(金)~30日(日)にかけて開催される「レディング&リーズ・フェスティバル」の第1弾ヘッドライナーに決定しており、現地時間6月12日(金)には地元マンチェスターのヒートン・パークにて大型野外ライブを開催する予定だ
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする