さユり、自身初の弾き語りアルバム『め』を3月にリリース

さユり、自身初の弾き語りアルバム『め』を3月にリリース
さユりが、自身初となる弾き語りアルバムを3月18日(水)に発売する。

アルバムの発売は、さユりが2019年12月31日に出演したCOUNTDOWN JAPAN 19/20のMCにてアナウンスされており、今回詳細が解禁となった。弾き語りアルバムのタイトルは『め』で、今まで世に出した楽曲の「芽」となる原点、「それでも」の先に咲く花になる「芽」、さユりの作品を目の当たりにする多くの方々の「目」、「それでも」の先を見据える「目」、固有のものを愛おしく思う「愛」など、多くの「め」の意味が込められているという。

今作には、デビューシングル“ミカヅキ”、梶浦由記作詞・作曲の“それは小さな光のような”、RADWIMPS・野田洋次郎の楽曲提供およびプロデュースによる楽曲“フラレガイガール”、“平行線”、MY FIRST STORYとのコラボシングル“レイメイ”(ALLさユりVo ver)、最新シングル“航海の唄”など、これまでにリリースされた全シングル曲と“十億年”他アルバム楽曲に、初正式音源化となる「さユりの出発点」とも言える楽曲“夜明けの詩”など全15曲が全て新録の弾き語り音源として収録されるとのこと。

また、初回生産限定盤DVDには、2017年5月19日に新宿駅新南口改札外・Suicaペンギン広場にて開催され2000人が集結した弾き語りライブの映像(4曲フルで収録)と2017年11月に開催されたTOKYO DOME CITY HALLでのワンマンライブのアンコールで弾き語りノンマイクで歌った“夜明けの詩”のライブ映像が収録される。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする