パーキンソン病を告白したオジー・オズボーン、予定しているフェアウェル・ツアーについて言及。「出来る限り努力する」

パーキンソン病を告白したオジー・オズボーン、予定しているフェアウェル・ツアーについて言及。「出来る限り努力する」

パーキンソン病であることを公表しオジー・オズボーンが、今春に予定しているフェアウェル・ツアー「No More Tour 2」について言及していることが分かった。

現地時間1月26日に開催された「第62回グラミー賞」の授賞式にプレゼンターとして出演したオジーだが、「Blabbermouth」によると、オジーは同式のレッド・カーペットに娘ケリーを連れて登場、その際に米CBSの番組『Grammy Red Carpet Live』のインタビューに答えたという。

杖をついていたオジーは、「この1年間は地獄だったよ。首の手術を受けたし、パーキンソン病を患ってることも世界に明かしたからな。俺にとってロックンロールな年だったよ」とコメントしていたという。

また、今年5月より予定しているフェアウェル・ツアーの再開については、「十分に元気ならツアーに向けて働くよ。週5日にわたり理学療法を受けてるし、出来る限り努力する。首の手術は楽じゃなかったからね」と答えていたそうだ。


さらに、娘のケリーは父の現状について、以下のように語っていたという。

今年、ここまで元気になった父を見て、先週だけでもどこまで頑張ったか目にしているし、信じられない思いよ。(パーキンソン病であることを)告白して真実を伝えて、肩の重荷が下りたんじゃないかと思う。先週、父の理学療法士でさえ、ここまで元気になって凄いと言っていたわ。


なお、オジーは2月にニュー・アルバム『オーディナリー・マン』をリリースする予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする