10年ぶりの新作を引っさげオジーが帰ってきた! 人間「オジー・オズボーン」が徹底的に曝け出された超貴重インタビュー

10年ぶりの新作を引っさげオジーが帰ってきた! 人間「オジー・オズボーン」が徹底的に曝け出された超貴重インタビュー - 『rockin'on』2020年4月号より『rockin'on』2020年4月号より

もし今ビールを1杯飲んだら、俺は丸1週間消息不明になると思う。そしてふと目を覚ましたら、ションベンの水たまりの中で眠りコケてる自分に気づくわけだ、『アンタは最低よ、私の胸を編み針で刺すなんて』って(シャロンの)置き手紙があってな

物事が起きる順番がひとつ変わっただけで、物語は違ったものになる。実に10年ぶりの新作となる『オーディナリー・マン』完成の報に続き、同作が世に出る前に届けられたのは、オジー・オズボーンがパーキンソン病に侵されているとのニュースだった。しかもアルバム発売とほぼ同時に〈最後のツアー〉の延期が決定。今、何よりも望みたいのは一日も早い回復だが、マッドマンの物語が確実に〈終わりの始まり〉を迎えつつあるという現実は否定できない。そこで皮肉なのは、ポスト・マローンエルトン・ジョンとの合体、ダフ・マッケイガン&チャド・スミスというドリーム・チームの起用といった話題を抜きにしても、今作が彼の最高傑作なのではないかと思えるほど圧倒的に素晴らしいという事実だ。

今回お届けするインタビューは、実は一昨年のうちに実施されたもので、当然、最新作については一切語られていない。が、現実離れした逸話には事欠かないオジーが、実はきわめてノーマルな一面の持ち主であることを改めて教えてくれる貴重な物証となっている。そして、こうした彼の素顔こそが、この最新傑作の正体を解く鍵となるはずだ。 (増田勇一)



オジー・オズボーンの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』4月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

10年ぶりの新作を引っさげオジーが帰ってきた! 人間「オジー・オズボーン」が徹底的に曝け出された超貴重インタビュー - 『rockin'on』2020年4月号『rockin'on』2020年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする