米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成

  • 米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成
  • 米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成 - 『STRAY SHEEP』8月5日発売(Illustration by 米津玄師)

    『STRAY SHEEP』8月5日発売(Illustration by 米津玄師)

  • 米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成 - “パプリカ”米津玄師セルフカバーMVより

    “パプリカ”米津玄師セルフカバーMVより

  • 米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成
  • 米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成 - 『STRAY SHEEP』8月5日発売(Illustration by 米津玄師)
  • 米津玄師、“パプリカ”MVが自身11作目の1億回再生突破。公開から311日で達成 - “パプリカ”米津玄師セルフカバーMVより
米津玄師“パプリカ”のミュージックビデオが、6月14日23時49分にYouTubeでの再生回数1億回を突破した。


これは、MV公開より311日、約10ヶ月で達成されたもの。米津の楽曲で再生回数が1億回を突破したMVは、日本人アーティスト最多となる5.7億回再生を記録した“Lemon”、3.5億回再生の“打上花火”、2.5億回再生の“アイネクライネ”をはじめ、本作で全11作品となった(“Lemon”、“アイネクライネ”、“LOSER”、“ピースサイン”、“灰色と青(+菅田将暉)”、“orion”、“Flamingo”、“打上花火”、“パプリカ”、“馬と鹿”、Foorin“パプリカ”)。なお、YouTubeチャンネル登録者数は日本人アーティストとしてトップの495万人になり、チャンネルの総再生回数は27億回越えとなっている。

同曲は、2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、2018年7月に発表。米津玄師が作詞・作曲・プロデュース、Foorinが歌唱、ダンスの振付を辻本知彦、菅原小春が担当し、関連動画のYouTube総視聴回数は3億再生を突破している。また、2019年8月9日に、加藤隆が手掛けた米津本人によるセルフカバーバージョンのMVが公開されると、4日と9時間で1,000万再生を突破するという自身最速記録を残し、2月3日よりスタートしたデジタル配信ではウィークリーチャート合算17冠を獲得した。

8月5日(水)発売の5th ALBUM『STRAY SHEEP』には、“パプリカ”をはじめとしたMVが1億回再生越えをしている4作品(“Lemon”、“Flamingo”、“馬と鹿”、“パプリカ”)など、全15曲が収録される。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする