リンゴ・スター、70年代にザ・ビートルズ再結成の話があったことを明かす。断った原因は“サメ”

リンゴ・スター、70年代にザ・ビートルズ再結成の話があったことを明かす。断った原因は“サメ”

リンゴ・スターが、70年代にザ・ビートルズの再結成の話があったが、そのオファーを“サメ”が原因で断っていたことを明かしている。

Mirror」とのインタビューでリンゴは、バンドが解散した5年後となる1975年に、今の2億ポンド(約290億円)に相当する5000万ポンド(約67億円)で再結成コンサートをオファーされたと告白。そして断った理由をこう語った。

(再結成について)一度話をしたことがある。世の中にはクレイジーなオファーがあってね。お互いに連絡を取り合ってどう思うか話し合ったけど、前座がサメに噛みつく男だったからやらないことに決めたんだ。だからNOって思ったんだよ


リンゴは歴史的な出来事になり得たであろうリユニオンを、男とサメがレスリング・マッチを行なうという前座が不満で断ったとコメントした。

そんなエピソードを披露したリンゴは、7月7日に80歳の誕生日を迎え、バースデー当日にYouTubeでバーチャル・チャリティ・ライブ「Ringo's Big Birthday Show」を開催。同イベントでザ・ビートルズの再結成が実現していたかもしれないとも語っている。

もしジョンとジョージが生きてたら、間違いなくリユニオンの可能性はあったね。まだポールと私はツアーに出てるし、ジョンも同じだっただろう。ジョージについてはわからないけど、今でも私たちは好きなことをやってるんじゃないかな。別々にかもしれないし、一緒にやってたかもしれないけど。誰にもわからないよね


なお、「Ringo's Big Birthday Show」にはポール・マッカートニーが参加し、ベン・ハーパーシェリル・クロウゲイリー・クラーク・ジュニアらがゲストとして出演した。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする