打首獄門同好会、新アルバム『2020』を11/18リリース。9ヶ月ぶりのツアー開催も決定

  • 打首獄門同好会、新アルバム『2020』を11/18リリース。9ヶ月ぶりのツアー開催も決定
  • 打首獄門同好会、新アルバム『2020』を11/18リリース。9ヶ月ぶりのツアー開催も決定 - 『2020』11月18日発売

    『2020』11月18日発売

  • 打首獄門同好会、新アルバム『2020』を11/18リリース。9ヶ月ぶりのツアー開催も決定
  • 打首獄門同好会、新アルバム『2020』を11/18リリース。9ヶ月ぶりのツアー開催も決定 - 『2020』11月18日発売
打首獄門同好会が、11月18日(水)にニューアルバム『2020』をリリースする。

同作には、すでにミュージックビデオが公開されている“明日の計画”、“筋肉マイフレンド”、“サクガサク”の3曲に加え、コロナ禍の日常で制作され1分ソングとしてTwitter上に公開されていた短編曲を、新たに完全版としてレコーディングした楽曲など、全8曲が収録される。また、価格はタイトルに合わせ2,020円となっている。

あわせて、最新のアーティスト写真も公開された。これまで打首のアーティスト写真は、ドット調の絵や漁船上で撮影されたもの、米農家に扮したものなどだったが、今回は新アルバムにも収録される楽曲“新型コロナウイルスが憎い”の気持ちをストレートに表現したビジュアルになっているとのこと。

さらに、11月より全国6会場をわまるワンマンツアーの日程も発表された。中止となってしまった前ツアーファイナルの2月から9ヶ月ぶりのツアーとなり、11月30日(月)のZepp OsakaBaysideを皮切りに、ファイナルは来年1月11日(月・祝)、ぴあアリーナMMにて開催される。チケット販売日などの詳細は後日発表されるとのこと。詳細はオフィシャルサイトにて。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする