ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開

  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開
  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開
  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開 - 『Magic Oneohtrix Point Never』

    『Magic Oneohtrix Point Never』

  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開
  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開
  • ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、最新アルバムから先行シングル“LONG ROAD HOME”のMVが公開 - 『Magic Oneohtrix Point Never』

10月30日(金)に新作『Magic Oneohtrix Point Never』をリリースするワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)が、同作からの先行シングル“Long Road Home”のミュージック・ビデオを公開した。


アルバム・リリースの発表と同時に解禁された、3曲からなるシングル・パッケージ『Drive Time Suite』の内の1曲である“Long Road Home”は、メイン・ボーカルをOPNことダニエル・ロパティン本人が務め、元チェアリフトのキャロライン・ポラチェックが参加。

チャーリー・フォックスとエミリー・シューベルトの2人が監督した同ビデオは、異世界の不気味な二つの生物が、ロマンティックに絡み合う様子が描かれたストップモーション・アニメーション。人間の感情とエロティックなダーク・ユーモアの間で展開する求愛の乱舞が、ファンタジーと現実の境を破壊していくというストーリーとなっている。

『R Plus Seven』(2013)のアートワークにも登場する、ジョルジュ・シュヴィツゲベルの短編作品『フランケンシュタインの恍惚』(1982)へのオマージュとなっている点も楽しめる映像だ。

同ビデオについて、チャーリー・フォックスとエミリー・シューベルトは以下ようにコメントしている。

「これは愛と変質についてのロマンチックな寓話で、夏の間にダン (OPN) と交わした荒唐無稽で哲学的な会話から生まれたものです。

グロテスクな、あるいは悪魔のような生き物を、求愛の儀式を通して、奇妙で愛らしく、また切なさを纏ったキャラクターに見せたいと思いました。

親密さが切望され、同時に恐れられているこの時期に、突然変異体のような奇妙な歌声が響くこの曲に、完璧にマッチした映像だと感じました。心の底から素晴らしいと思ったし、それが滲み出てると思います」


また、現在BEATINK.COMでは、〈WARP〉からリリースされたワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの過去作品を対象としたポイント還元キャンペーンが開催されている。

会員登録をして対象タイトルを購入すると、次回の買い物時に使用することができるポイントが10%付いてくるという。また、iTunesでも対象タイトルが全て1,222円で購入できる期間限定プライスオフ・キャンペーンが開催中だ。

リリースの詳細は以下の通り。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする