ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場

  • ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場
  • ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場 - アルバム『テアトロ・ディーラ Vol.I』

    アルバム『テアトロ・ディーラ Vol.I』

  • ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場 - マネスキン(ユーロヴィジョン優勝時)

    マネスキン(ユーロヴィジョン優勝時)

  • ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場
  • ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場 - アルバム『テアトロ・ディーラ Vol.I』
  • ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場 - マネスキン(ユーロヴィジョン優勝時)

アバセリーヌ・ディオンなどを輩出したヨーロッパ最大の音楽の祭典「ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2021」で優勝したイタリアのロック・バンド、マネスキン。同コンテストでパフォーマンスした“ジッティ・エ・ブオーニ”(Zitti E Buoni/訳:黙ってイイ子にしてな)が、世界の音楽チャートで注目を集めている。

“ジッティ・エ・ブオーニ”
(ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト・パフォーマンス動画)


毎年約2億人が視聴する同コンテストでイタリアのアーティストが優勝するのは31年ぶり。優勝後の1日で、“ジッティ・エ・ブオーニ”はSpotifyで400万回近くストリーミングされるなど、イタリアの楽曲としては史上最多の再生回数を記録した。


すでにヨーロッパ各国、アメリカ、そして日本などのバイラルチャートで上昇を続け、13か国のSpotify「トップ50」チャートで1位、同「トップ50グローバル」で9位に浮上。

なかでもアメリカでは、“アイ・ワナ・ビー・ユア・スレイヴ”が6月6日付の同「バイラルトップ50-USA」で1位(“ジッティ・エ・ブオーニ”は4位)、日本でも、6月1日付Spotify「バイラルトップ50-JAPAN」で“ジッティ・エ・ブオーニ” が2位、 “アイ・ワナ・ビー・ユア・スレイヴ”が7位を記録した。

スタジオ・ライヴ映像
“アイ・ワナ・ビー・ユア・スレイヴ”~ “ジッティ・エ・ブオーニ”
(ユーロヴィジョン専門チャンネルwiwibloggs より)


マネスキンは20~22歳のダミアーノ・デイヴィッド(Vo)、ヴィクトリア・デ・アンジェリス(B)、トーマス・ラッジ(G)、イーサン・トルキオ(Dr) によるローマ出身の4人編成。バンド名はデンマーク語で「月光」を意味し、ロック、ヒップホップ、レゲエ、ファンクの要素を織り交ぜたサウンドが特徴だ。

今後は、続作『テアトロ・ディーラ Vol.II』を年内にリリース予定。また12月に初のアリーナ・ツアーを行ない、2022年春に長期ツアーを行うことも発表している。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ユーロヴィジョン優勝の伊バンド=マネスキンが世界各国の音楽チャートで急上昇。日本のチャートにも登場 - 『rockin'on』2021年7月号『rockin'on』2021年7月号

公式SNSアカウントをフォローする
洋楽 人気記事

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする