ポール・マッカートニーが100クラブ救済ライブを急遽決行

ポール・マッカートニーが100クラブ救済ライブを急遽決行 - 1982年作 『タッグ・オブ・ウォー』1982年作 『タッグ・オブ・ウォー』

店の存続が危ぶまれているロンドンの伝説のライブハウス、100クラブだが、ポール・マッカートニーは12月17日のランチタイムにライブを行うことを発表した。チケットはイギリス時間12月15日朝10:00に発売になる。

今回の100クラブでのライブについてポールはこう語っている。「ぼくはこれまであらゆるタイプの会場でライブをやってきたけど、こういうタイプのライブはスタジアムでのライブとはまた違った課題が伴うものなんだよね」。

ポールはさらにこう続けた。「でも、スタジアムであろうと、クラブだろうと、ぼくはパフォーマンスをやるのが大好きだし、お客さんと繋がろうとすることも大好きなんだよ。今度のライブについてはお客さんと顔と顔とで向き合ったような、やりとりができればなあと楽しみにしてるよ。汗とビールの匂いが漂ってきそうなのも楽しみだけどね!」

100クラブは50万ポンド(約6800万円)もの資金を今年中の間に調達しないと廃業に追い込まれると言われていて、これまでリアム・ギャラガー、ミック・ジャガー、ミック・ジョーンズなどのミュージシャンが店の救済キャンペーンに手を貸してきた。

一方、ポールは12月13日にはニューヨークのR&Bの殿堂、アポロ・シアターでのライブを成就させたばかりで、18日にはロンドンのHMVハマースミス・アポロ、20日にはリヴァプールの02アカデミーでのライブを控えている。

(c) NME.COM / IPC Media 2010
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする