アソビ・セクス、新作のジャケットは<4AD>の専属デザイナー、ヴォーン・オリヴァーが担当

アソビ・セクス、新作のジャケットは<4AD>の専属デザイナー、ヴォーン・オリヴァーが担当 - 2011年作 『フローレサンス』2011年作 『フローレサンス』

アソビ・セクスが、本日2月2日にニュー・アルバム『フローレサンス』をリリースした。

ユキ・チクダテとジェイムス・ハンナが、マンハッタン音楽院でクラシックを先行していた際に出会い結成されたアソビ・セクス。彼女らは、2004年にセルフタイトルのアルバムをリリース。その後、2006年に『シトラス』、2009年に『ハッシュ』とこれまでに3枚のオリジナル・アルバムを発表している。

タイトルの『フローレサンス』が「蛍光」を意味する今作のアートワークは、<4AD>の専属デザイナー、ヴォーン・オリヴァーが担当。ユキは、ヴォーンがジャケットを担当したことについて「まねじゃなくて、本人が作ってるんだから!」と語っている。国内盤には、収録曲“パーフェクティー・クリスタル”の日本語バージョンが収録されているという。

今後のアソビ・セクスは、2月から北米ツアー、3月にはアメリカはテキサス州、オースティンにて行われる恒例の大型音楽見本市イベント『South by Southwest』に出演することが決定している。

『フローレサンス』のディスクレビューはこちらから。(→http://ro69.jp/disc/detail/47159

最新ブログ

フォローする