ピンク・フロイド、最新リマスタリング・シリーズ全14タイトルの発売決定

ピンク・フロイド、最新リマスタリング・シリーズ全14タイトルの発売決定

ピンク・フロイドのオリジナル・スタジオ・アルバム全14タイトルが、9月に最新リマスタリング・シリーズとしてリリースされることが発表となった。

リマスタリングを行ったのは、ピンク・フロイドのプロデューサーもつとめたエンジニア、ジェイムス・ガスリー。CDのブックレットなども、長年ピンク・フロイドのアート・ディレクターをつとめるストーム・トーガソン監修のもと、デザインが一新されるという。全タイトルは以下のとおり。

『夜明けの口笛吹き』(1967年作)
『神秘』(1968年作)
『モア』(1969年作)
『ウマグマ』(1969年作)
『原子心母』(1970年作)
『おせっかい』(1971年作)
『雲の影』(1972年作)
『狂気』(1973年作)
『炎~あなたがここにいてほしい』(1975年作)
『アニマルズ』(1977年作)
『ザ・ウォール』(1979年作)
『ファイナル・カット』(1983年作)
『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』(1987年作)
『対』(1994年作)

なお、<EMI>によると、9月、11月、2012年2月の3回に分けてピンク・フロイドのリリースキャンペーンを行うとのこと。9月の第1弾では、上記全14タイトルがアルバム単体、フォトブック付ボックスセット、デジタル配信の3形態でリリースされ、さらに『狂気』は6枚組コレクターズ・ボックスと2枚組デラックス・エディション、アナログLP、それぞれのデジタル配信の全9形態でリリースされる。

また、11月の第2弾では、ベスト・アルバム『A Foot In The Door-The Best Of Pink Floyd』が新編成でリリースされるほか、『炎~あなたがここにいてほしい』の5枚組コレクターズ・ボックスと2枚組デラックス・エディション、アナログLPでのリリースと、それぞれのデジタル配信を予定。

さらに、2012年2月の第3弾では、『ザ・ウォール』の7枚組コレクターズ・ボックス、3枚組デラックス・エディション、アナログLPでのリリースとそれぞれのデジタル配信が予定されている。詳しくはオフィシャル・サイトをご覧ください。(→http://www.emimusic.jp/intl/pinkfloyd/)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする