グラミー賞6部門受賞のアデル、向こう5年は新作を出さないと語る

グラミー賞6部門受賞のアデル、向こう5年は新作を出さないと語る - 2011年作『21』2011年作『21』

先週末のグラミー賞で6部門の受賞に輝いたアデルは向こう5年ほどは新作を出さないと公言している。アデルは現在交際している実業家のサイモン・コネッキーとの関係に専念したいと語っていて、「幸せなレコード」を書けたらまた音楽界に戻ってきたいとしている。

「もう辛気くさくて暗い女はやり尽くしたから」「もう失恋アルバムは二度と書かない」と語ったヴォーグ誌のインタヴューでアデルは「もう4、5年はしばらくなにもやらないから」とも宣言している。「いつもなにかを仕事をしている状態だと、わたしの人間関係がだめになるし」。

さらにアデルはこう続けている。

「少なくとも今なら、幸せなレコードを書くのに必要な時間もあるし。恋愛して幸せになるっていう。それからはなにをするのかわからないけど。結婚するのかな。子供も何人か生んで。庭にきれいな家庭菜園を作ったりして」

2月12日に行われた今年のグラミー賞でアデルは『21』で最優秀作品賞、“ローリング・イン・ザ・ディープ”で最優秀楽曲賞、“サムワン・ライク・ユー”で最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞、“ローリング・イン・ザ・ディープ”のヴィデオで最優秀短編音楽ヴィデオ賞など6部門の受賞に輝いている。また、『21』のプロデューサーのポール・エプワースも最優秀プロデューサー賞に輝くことになった。


(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする