ノエル・ギャラガー、マンチェスター・シティFCの来シーズン用ユニフォームのモデルに

ノエル・ギャラガー、マンチェスター・シティFCの来シーズン用ユニフォームのモデルに

ノエル・ギャラガーはマンチェスター・シティFCの来季の2012/13シーズン用ユニフォームのオフィシャル・モデルになっている。

シティの大ファンでシティが44年ぶりのリーグ優勝を決めた試合をチリで観戦して泣きじゃくったというノエルはシティのキャプテンでベルギー代表でもあるヴァンサン・コンパニとツーショットでシティの新しいユニフォームのモデルとなって、シティのオフィシャル・サイトで新ユニフォームを披露している。なお、来季のユニフォームはホーム用はスカイブルー、アウェー用はえんじになっている。ちなみにこの写真を撮影したのはザ・ストーン・ローゼズのペンキ写真で有名なロック写真家のケヴィン・カミンズだとか。ケヴィンもまた熱烈なシティ・ファンだという。

しかし、ふたりが公の場でつるむのはこれが初めてではなく、先月ベルギーで行われたロック・ウェルヒテル・フェスティヴァルではコンパニがステージに登場して出番を控えていたノエルをステージに紹介する一幕もあった。

キャプテンとして優勝時に最初にトロフィーを手にしたコンパニはノエルだけではなくリアム・ギャラガーとも交流があるようで、自身のボックス席をリアムに貸し出し、リアムはそこでシティがマンチェスター・ユナイテッドを1-0で下した試合を観戦した。

この試合の直後にリアムは次のようにコンパニついて語っていた。「ボックスに招待してもらったんだよね。目にもとまらぬシュートを決めてくれたし、家族もめちゃいい人たちでやつの姉貴が最高な人なんだ。兄弟、いい試合だったよ。ヴィヴァ・ラ・ベルギウム!」

なお、先頃ノエルの未発表トラックが2曲ネットで流出して話題になっている。トラックは"God Help Us All"、"It Makes Me Wanna Cry"というもので、"God Help Us All"については最近のライヴのサウンドチェック中に録られた音源だとのこと。

ただ、"God Help Us All"はしばらく前からすでに書かれていることが明らかにされている曲で、ノエルは『NME』にこの曲と"Revolution Song"という曲を今年のどこかでリリースしたいとも語っていた。

"God Help Us All"についてノエルは次のように語っていた。「これもそのうち仕上げちゃいたいんだ。いくつも曲の断片が転がっているのを形にすることができていて、それというのも今はもうバンドをやってないからなんだよね。成り行きで結果オーライなんだよ」。

ノエルは10月まで精力的にヨーロッパ・ツアーを続けていくことになるが、その合間にフジロック出演などを予定している。

ノエルとコンパニによる新ユニフォーム発表ページはこちらから→
http://www.mcfc.co.uk/News/Team-news/2012/July/New-Kit-Launch

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする