デイヴ・グロールがフー・ファイターズの活動休止を宣言

デイヴ・グロールがフー・ファイターズの活動休止を宣言

デイヴ・グロールがフー・ファイターズの活動休止を宣言している。

9月29日にニューヨークのセントラル・パークで開催されたグローバル・シティズン・フェスティヴァルに出演し「これで最後だよ」としばらくの活動休止をほのめかしたデイヴだが、バンドのフェイスブックのページに次のように活動休止宣言を掲載している。

「みんなに

デイヴです。またとんでもない1年にしてくれて心の底からありがとうとみんなに感謝したくて書きたくなった次第(正確にいうと18度目の1年ということだね!)。みんなの支えなしには本当にこんなことやってこられなかったからね……

フー・ファイターズがここまでやってこられるとは俺もさすがに夢にも思ってなかったよ。正直言って、フー・ファイターズがここまでやれるんだとは俺も思ってなかったから。もうバンドもこれ以上は無理だなと思ったこともあったし。もうやめたいと思ったこともあったし。でも……このバンドを俺は諦めきれないんだよ。そして、これからも絶対に諦めない。どうしてかというと、これは俺にはただのバンドじゃないからなんだ。これは俺の人生なんだ。俺の家族でもある。俺の世界なんだ。

そう……というわけで、俺はマジで言ってたんだよ。今後、フー・ファイターズがいつまた音を鳴らすのかは本当にわからないんだ。こう言うと変な感じだけど、今はね、みんないったんここから離れるのがいいと思うんだ。これまでもそうやってきたから、ここまで俺たちはやってこられたんだよ。わかるかな? このバンドがいつだってあるという状態がないことが俺は一番嫌なんだ。だから、たまにはね……ちょっとガレージに片付けておいた方がいい時もあるんだよ。

だからって贅沢したり休暇にでかけたりするわけじゃないんだよ……これからしばらくは全精力を注いでサウンド・シティ・スタジオのドキュメンタリー映画とアルバムを仕上げて、近いうちに全世界でリリースしていきたいんだ。製作に1年かけてきて、俺にとっては最大にして最も重要なプロジェクトとなるかもしれないよ。だから、心してろよ……もうすぐだからな。

俺とテイラー、ネイト、パット、クリス、ラミ……全員でまたみんなとは必ず会えるよ。いつかね……

ありがとう、ありがとう、ありがとう……

デイヴ」

最新ブログ

フォローする