パラモアのヘイリー・ウィリアムス、新作『Paramore』はアルト・ジェイの影響を受けていると語る

パラモアのヘイリー・ウィリアムス、新作『Paramore』はアルト・ジェイの影響を受けていると語る

パラモアのヘイリー・ウィリアムスは新作が、2012年のマーキュリー・プライズを受賞したアルト・ジェイに影響されていることを明らかにしている。

音楽サイトのアブソリュート・パンクの取材を受けてヘイリーはアルバム制作中に受けた影響について次のように説明している。

「テイラー(・ヨーク)はアルト・ジェイをよく聴いてて、わたしはシリウスXMチャンネルのうちのファースト・ウェイヴをよく車で聴いてたから、ゴス漬けになっていて、ジェレミー(・デイヴィス)はジェレミーでわたしたちに新しいヒップホップをいつも紹介してくれるっていう感じだったの」

「全員、今度のアルバム制作中ほど、エレクトロニック・ミュージックを聴いたことはなかったわけ。このジャンルは今めちゃくちゃ熱くなってるわけで。それでも、そういうバンドの音とわたしたちはまったく違うわけだけど、むしろ、ありとあらゆる楽器が揃ったお城に放たれて好きにさせてもらって、気の向くままに数日間めちゃくちゃやってたっていう感じの方が近いかな」

ただ、いくらエレクトロニック・ミュージックを多く聴いていたとはいえ、それがスタイル的に反映されていることとは違うとヘイリーは次のように説明している。

「このアルバムの制作中にダブステップを導入したとか、そういうことはないから」

パラモアは4枚目のアルバムとなる新作『Paramore』を4月10日にリリースする予定になっていて、シングル"Now"を1月22日にリリースする。

"Now"のスニペットはこちらから→

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする