「ap bank fes」今年は休催。震災の復興支援に力を注ぐため

「ap bank fes」今年は休催。震災の復興支援に力を注ぐため

非営利組織「ap bank」が主催するフェス「ap bank fes」が、2013年の開催休止を発表した。

休止理由は、2011年に東日本大震災の復興支援を掲げて始動したプロジェクト「ap bank Fund for Japan」の活動資金を「ap bank fes」の開催ではなく被災地の現場に充てるためで、東日本大震災の復興支援により有効に活用したいという判断によるもの。

ap bankでは、現在も被災地の復興プロジェクトを進行しているが、より強い支援活動が必要であることを実感し、スタッフで協議を重ねた結果、現在はすべての力を被災地の現場に注ぐべきと決断したという。

なお、ap bankでは被災地への人材公募などのプロジェクトを準備中。詳細は2月23日(土)にリニューアルされる「ap bank Fund for Japan」のサイトにて告知される。

2005年からスタートした「ap bank fes」は、Mr.ChildrenやBank Bandらが出演する音楽フェスティバルとして以降毎年開催されており、昨年は静岡・つま恋、宮城・国営みちのく杜の湖畔公園風の草原、兵庫・淡路 島国営明石海峡公園の3会場で行われた。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする