レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、9月から新作用の作曲を始めると明かす

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、9月から新作用の作曲を始めると明かす

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスは9月から新作制作に着手することを明らかにしている。新作は2011年の『アイム・ウィズ・ユー』以来となるが、チャドは作品のとっかかりとなりそうなアイディアやスケッチを膨らませていきたいと次のように『ビルボード』誌に語っている。

「たぶん9月頃にみんなで集まろうかという話になってて、ちょっと様子を見ながら次のアルバムの曲を書いていこうかと思ってるんだよ。ジャム・セッションとかリハーサルのウォーム・アップとか、あるいはサウンド・チェックやライヴなどで頭をもたげてくるちょっとアイディアとかはいつもいろいろあるからね」

また、バンドの作曲の方法についてチャドは次のように説明している。
「たまに大量の楽曲をいきなり書いちゃうこともあるんだけど。いつでもその場の成り行きで演奏するから、ちょっとした断片はいつも懐にあるものなんだよ。でも、ちゃんとした曲っていうのは、4人がひとつの部屋に集まるまではできないものなんだ。そこで初めてちゃんとした作曲が始まるんだよ。だから、秋にそれをやろうってみんなで楽しみにしてるんだけど」

バンドはこれまで1年以上ノンストップでツアーを続けていて、4月のコーチェラ・フェスティヴァルへのヘッドライナー出演のほか、5月11日にダライ・ラマ環境サミットでもパフォーマンスを行っているが、これからも8月まで散発的にライヴを予定している。

また、バンドは『アイム・ウィズ・ユー』のセッションからのトラックでアルバム未収録となった音源を昨年の8月から9枚の7インチ・シングルとしてリリースするプロジェクトを続けているが、最新のシングルは2月にリリースされた8分に及ぶ大作"In Love Dying"となっている。次回のリリースは7月23日の予定で、A面B面含めて6曲を収録した残り3枚のシングルが一挙に発表される。

"In Love Dying"を聴くにはこちらから→
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2uhTHpf0c9E

(c) NME.COM / IPC Media 2013
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする