アデルとフィル・コリンズが新作を共作していることが明らかに

アデルとフィル・コリンズが新作を共作していることが明らかに

アデルとフィル・コリンズが共に新作の制作に入っていることがわかった。

これはフィル・コリンズが「Inside South Florida」のインタヴューで明らかにしたもので、コリンズは「アデルと仕事を始めたところだよ」と語っている。

2人が制作している音源がフィル・コリンズとアデルのどちらの新作に収録されるのかはまだ明らかになっていないが、コリンズはアデルについて以下のように語っている。「僕はアデルについてたくさんのことを知ってたわけじゃないけど、僕は彼女の声が大好きだし、彼女の作品にも好きな曲がいろいろあるんだ」

フィル・コリンズは2011年に一度引退を表明していたが、その後再び音楽活動を再開させている。一方のアデルも2011年のアルバム『21』以来となるニュー・アルバムの制作に入っており、シミアン・モバイル・ディスコのジェームス・フォードやキッド・ハープーンとスタジオに入っていることが報じられている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする