メニュー


 12時をまわると、SEASIDE STAGEの体感温度はどんどん急上昇する。しかし、沖縄出身の彼女たちが、これくらいの暑さにひるむはずがない。沖縄出身のガールズバンド、FLiPのROCK IN JAPAN初ステージは、「JAPAN! 盛り上がっていきましょう!」と笑顔で叫んだサチコ(G&Vo)の第一声からスタート!
 オーディエンスからの巨大なハンドクラップに迎えられて“カザーナ”“雨の女”を披露すると、熱く、華やかなFLiPのロックが、SEASIDE STAGEを一気に虜にしていく。気がつけば、SEASIDE STAGEのフィールドいっぱいにオーディエンスが集まり、FLiPの鋭角的なギターサウンドに笑顔で揺られている。そんなオーディエンスをゆっくりと見回したサチコは、「暑い中、ここに来てくれて本当にありがとうございます。ヤバイんだー、マジで。ずっとROCK IN JAPANに出たかったから」と、このステージに立つ喜びを語る。最後はもう、「嬉しい! ヤバイ! 楽しい! ホー!」とひとり大興奮だ。迫力あるパフォーマンスでオーディエンスを煽るユウコ(G)、楽しそうにフィールドを見つめながらプレイするサヤカ(B)の表情からも、ROCK IN JAPANのステージに掛ける彼女たちの思いが伝わってくる。それがオーディエンスに感染し、いつしかSEASIDE STAGEは笑顔でいっぱいに埋め尽くされている。

「うちらはみんなともっと仲良くなりたくて、コールアンドレスポンスを考えてきました」とユウミ(Dr)の声を合図に、ユウミとオーディエンスとの「カート!」「ニャーゴ」の掛け合いが決まり、そのテンションのまま最強のキラーチューン“カートニアゴ”へと突入! 待っていたとばかりに、オーディエンスの手が一斉に揺れ、SEASIDE STAGEに熱い一体感が広がっていく。ガールズバンドらしからぬ、アグレッシヴで豪快なFLiPのロック。だが、それ以上に彼女たちがこのSEASIDE STAGEで見せつけたのは、誰しもを笑顔で踊らせるような、幸福な一体感を巻き起こすパワーだったと思う。
「楽しい! 終わりたくない! 絶対また会いましょう!」(サチコ)と叫び、誇らしげに手を掲げてステージを去ったFLiPの4人。彼女たちを祝福するように、どこまでも青い空の下、心地良い風が吹き抜けていった。(大山貴弘)