新たな風を呼び込む変化作

ゴート・ガール『オン・オール・フォーズ』
発売中
ALBUM
ゴート・ガール オン・オール・フォーズ

2021年も英国のロック・シーンは話題が尽きそうにない。牽引した先発組が勝負の2作目を世に問い、それに続くフレッシュな若手のデビュー作が控えている。後者の代表がブラック・カントリー・ニュー・ロードやスクイッドなら、前者の先陣を切るのがシェイムと、そしてこのゴート・ガールだろう。

2018年にリリースされ、サウス・ロンドンを起点とした英国ロック再興の気運を印象づけた彼女達の1st『ゴート・ガール』。それは音楽的にも、現在に至るポスト・パンク再評価の流れに先鞭をつけるものだったが、この3年ぶりの2ndでは大きく様変わりを見せている。4人のバンド・アンサンブルは健在ながら、持ち味だったガレージ・ロックやブルース的なテイストは後退し、代わりにエレクトロニックな音色やテクスチャーを前面に展開。シンセのパートが増え、よりカラフルに、いや、サイケデリックといっていいほどサウンドの色彩感覚を飛躍させている。それに合わせるようにしてリズムも、前作のタイトで荒削りなスタイルから、ダンス・フィール溢れる伸びやかで奔放なグルーヴへと形を変えているのも特徴的だ。プロデュースは前作に引き続き、昨今の英国ロック躍進のキーマンであるダン・キャリー(フォンテインズD.C.、ブラック・ミディetc)。「ポップ・ミュージックを素直に楽しむ子供みたいに、頭から離れないような中毒性のあるサウンドを作りたかった」とギターのエリーは語っている。

前作後にベーシストが脱退。メンバー再編をへて制作された今作は、文字通りバンドにとっての次章の始まりを意味する作品といえる。と同時に、彼女達の「変化」は、過渡期を迎えた英国ロックの新世代に窺える、新たな兆しを示しているようにも思えて興味深い。(天井潤之介)



各視聴リンクはこちら

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


ゴート・ガール オン・オール・フォーズ - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする