キャバレー・ヴォルテール『デカドローン』

キャバレー・ヴォルテール『デカドローン』
発売中
ALBUM
キャバレー・ヴォルテール デカドローン

リチャード・H・カークひとりきりのユニットになってしまったものの、昨年リリースした26年ぶりの新作『シャドー・オブ・フィアー』も好評だったキャバレー・ヴォルテール。2月に出た3曲入りEP『シャドー・オブ・ファンク』に続き、さらに50分で1トラックのエグい作品が登場してきた。

その名も『デカドローン』。エクスペリメンタルなノイズながらダンス/ポップな感触もあり、どこか牧歌的で和めるところが昔からの持ち味だが、ここではダンス/ポップ色は抜きのままで、なんだか牧歌的な和める音を創り出している。「やはりキャブスは『スリー・マントラス』(1980年発表。最高傑作とする者もいる)こそ神である」というような人には、本作は真骨頂と言えるだろう。

この後もう1つ予定されているドローン作品『BN9ドローン』をもって、今回のシリーズは完結する。(鈴木喜之)



ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』5月号に掲載中です。
ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


キャバレー・ヴォルテール デカドローン - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする