在日ファンク @ Shibuya O-nest

在日ファンクO-NEST公演 「一揆」2days

在日ファンク @ Shibuya O-nest
在日ファンク @ Shibuya O-nest
在日ファンクの2days、その名も『一揆』! 流石は飛ぶ鳥を落とす勢いの彼ら、会場の渋谷O-nestは、初日も二日目の今日もソールドアウト。人と熱気でギュウギュウである。

開演時間より若干押したこともあり、メンバーが出てきた時には並々ならぬ大歓声。さらに“イントロの才能”から浜野謙太(Vo)が現れると、会場の気温はどんどん上昇! そして“こまくやぶれる”では、フロアにダンスが広がり、“最北端"では、永田真毅(Dr)、ジェントル久保田(Tb)のソロからオーディエンスのシンガロングに続くという、素晴らしい連係プレーを見せていく。“マルマルファンク”でも、ハマケンの言葉に、オーディエンスが間髪入れず手を振り上げるナイス・チームワークっぷり! 仰木亮彦(G)のソロでは、メンバーも(バンドのグッズの)メガホンを取り出し、盛り上げる。誰もが一挙手一投足にビビッドに熱狂する一体感が、堪らない。

在日ファンク @ Shibuya O-nest
メガホン使いにジェントルが「めちゃくちゃ楽しいね!」と言えば、ハマケンも「野蛮でいいね」とニヤリ。そして「みんな郊外に住んでんだろ!? 通ってきたんだろ!?」という一喝に、図星というような照れ笑いが起きた“環八ファンク”、まったりと甘い新曲“軌道のってる”と畳み掛けていく。さらには“城”をじっくりと歌い鳴らすと、おもむろにオーギナが泣きのギターを奏でだす。するとジェントルが「みんなで一揆を起こすぞ!」という勇ましい言葉からの……グッズ紹介。大活躍のメガホンの紹介では歌い上げ、竹槍が描かれたタオルでは植木屋で働いていた過去を明かし、グッズもキャラも強過ぎるパンチで、オーディエンスをノックアウト。その勢いで、メドレーに突入! “ダンボール肉まん”ではハマケンが華麗なダンスを見せ、“罪悪感”ではコール&レスポンスを巻き起こし、“ 神頼みファンク”ではハマケンがホーン隊をめちゃめちゃ鼓舞。眼、耳、心、全てに濃い刺激が雪崩れ込んでくるみたいだ。とは言え、その後の“知らなかった”や“嘘”は、アグレッシブなパフォーマンスやユーモラスなスパイスという表面的なところだけではない、深みのある音楽性に、オーディエンスは酔いしれていた。

在日ファンク @ Shibuya O-nest
在日ファンク @ Shibuya O-nest
終盤では、「これ、使いますか?」とメガホンを取り出し、何故か映画『レ・ミゼラブル』の“民衆の歌(The People's song)”を歌うジェントルとハマケン。でも、村上啓太(B)の「あれ、一揆だよ」というお墨付き(!)に、確かにフランス革命の物語だから関連性はなくもないと納得しつつ……いや、強引でしょ!(笑)。そこから、 「言いたいことを言っていこう!」、「生活の中の『レ・ミゼラブル』」など名言を刻みつつ、 みんなでメガホンを叩きつつの“一揆”コールから曲へ。さらに“肝心なもんか”のねちっこいグルーブで熱い拳を巻き起こし、“ 爆弾こわい”の《ふっ飛べ やっぱふっ飛ぶな》のところで見事に手の動きを揃え、オーディエンスの心も体もを丸ごと連れていってエンディングを迎えた。

在日ファンク @ Shibuya O-nest
在日ファンク @ Shibuya O-nest
“ 一揆”コールで呼び戻されたメンバーが選んだアンコールナンバーは、“京都”。この曲の名物である京都&レスポンスでは、 オーギナが「桃の節句!」、「明日になったら、速攻で片付ける!」、「結婚したいから!」、「婚活一揆!」などと、3月3日を意識した見事なコールの数々で笑いと頷きを広げ、演奏後に客電が点いても、その興奮は収まらず。そしてダブルアンコールに応えて現れると、ハマケンの「俺らはまたやるけど、みんながホームシックになってくれるように」というラストらしい言葉から、“ホームシック”へ。最後はシンガロングで会場を満たして、大団円となった。

男も女も年齢も関係なく、汗だくで踊って、顔くしゃくしゃで笑う。こういう剥き出しのファンクは、日本にとって大事な存在。在日ファンクが、どんどん在日ファンクになってきている……そう思わずにいられない、熱い&暑い夜だった。(高橋美穂)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする