【知りたい】デッドプールからピカチュウまで、映画界で今、最も目が離せない男=ライアン・レイノルズについて

【知りたい】デッドプールからピカチュウまで、映画界で今、最も目が離せない男=ライアン・レイノルズについて

“中年探偵”風のピカチュウが難事件の解決に挑む、異色の謎解きアドベンチャー・ゲーム『名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~』が、なんとハリウッドで実写映画化!? しかも、ピカチュウの声優役は、映画『デッドプール』(16年)でブレイク中のライアン・レイノルズ!?!?……そんな衝撃のニュースが米国の映画情報サイト「The Hollywood Reporter」で伝えられたのは、12月初旬のことだった

作品の完成は「2019年ごろ」との噂で、まだ少し先ではあるけど、昔ながらの探偵帽を目深にかぶり、"中年のおっさん”の声で人間の言葉をしゃべるピカチュウという“難役”を、レイノルズは一体どう演じるのか? アカデミー主演男優賞は獲れるのか? それとも、ただの出オチ映画なのか!? 今から続報が気になって仕方ないところである。

その一方で、これを読んでいる人の中には、ライアン・レイノルズという俳優をあまりよく知らず、「そもそも、どんな俳優なの? 大丈夫なの?」と不安に思っている方も決して少なくないはず。

そこで今回は、2018年にさらなる大ブレイクが期待されている彼の魅力をより深く知ってもらうため、“ライアン・レイノルズ徹底攻略ガイド”をお届けしたいと思う。これを読めば、『名探偵ピカチュウ』&『デッドプール2』の続報がますます楽しみになるはず!

生年月日:1976年10月23日生まれ。現在41歳。これまでに50作以上の映画・ドラマに出演。

出身:カナダのバンクーバー。現在は拠点をハリウッドに移しているけど、今でも故郷のバンクーバーが大好きすぎて、Twitterのアカウントを“@VancityReynolds”にしている。

よく間違えられる人:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』、『ブレードランナー2049』)。どっちも旬のハリウッド俳優だけど、名前がなんとなく似ているだけで、それ以上の繋がりはまったくありません。二度と間違えないで!


過去の交際歴①:「People」誌が選ぶ“世界でもっともセクシーな男”に選ばれたこともあるレイノルズは、私生活でもモテモテ。04~07年には、90年代のオルタナ・ロック界の“女神”だったシンガーソングライター、アラニス・モリセットと婚約していた。ちなみにアラニスの08年発表のアルバム『フレイヴァーズ・オブ・エンタングルメント』は、レイノルズとの別れをテーマにした“失恋セラピー”アルバムだった!

過去の交際歴②:アラニスの後にレイノルズが付き合ったのは、『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウ役でおなじみのスカーレット・ヨハンソン。08年には結婚もしたが、その2年後に離婚。別れた理由は、スカーレットいわく「俳優としての競争意識がお互いに激しすぎたから」とのこと。

今の奥さん:TVドラマ『ゴシップガール』で大人気の女優ブレイク・ライブリー。現在はふたりの娘の良きパパでもある――ポケモンに詳しいのも、そのおかげ!


実はラブコメ映画も得意!:イケメン&ナイスBODYである上に、おちゃめな演技もウェルカムなレイノルズにとって、ラブコメ映画の男役は、まさに“天職”。ラブコメ界の女王=サンドラ・ブロックと共演した09年の『あなたは私の婿(ムコ)になる』を観れば、どうしてハリウッドでそこまでモテモテなのか、その理由がよくわかるはず。
https://www.youtube.com/watch?v=4Y7w7RgdBOQ

【知りたい】デッドプールからピカチュウまで、映画界で今、最も目が離せない男=ライアン・レイノルズについて

誰も知らない傑作:レイノルズの出演作リストは、王道のブロックバスター映画とはひと味違う、“クセが強い”作品がずらりと並んでいる。中でも、世界中の映画ファンの度肝を抜いたのは、2010年公開の『[リミット]』。スペインの鬼才ロドリゴ・コルテスが監督したこのスリラー映画で彼が演じたのは、土に埋められた謎の「棺」の中に閉じ込められた男の役。

言い替えると、物語のほぼ全編が、ほとんど身動きできない状態のレイノルズの“一人芝居”で展開する!ということ。普通なら5分で飽きられるシチュエーションだが、レイノルズが演じると、95分間もあっという間の緊迫感&スリルだった。
https://www.youtube.com/watch?v=F64dbOnGZL8

【知りたい】デッドプールからピカチュウまで、映画界で今、最も目が離せない男=ライアン・レイノルズについて

最大のハマリ役:もちろんデッドプール! 史上初の“R指定”マーベル・ヒーローにして、誰かの悪口を言い出すと止まらないほどの超毒舌。でも、ガールフレンドとお年寄りにはとっても優しいという、これまでになかった斬新なヒーローは、幼少時から大のアメコミ・ファンだったレイノルズだからこそ演じられた、最高のハマリ役だ。ディズニーによる20世紀フォックス買収報道を受け、今後は「アベンジャーズに電撃参戦!?」との噂も持ち上がっていて、ますます目の離せない存在である。
https://www.youtube.com/watch?v=2MZrr0iLm9g


2018年一番の注目作は?:全世界待望の『デッドプール2』(2018年6月公開予定)。新たな監督に『ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチを迎え、デッドプールの悪ノリもますますヒートアップすること間違いなし。今“もっともインスタ映えするマーベル・ヒーロー(自称)”の詳しい続報は、いずれまたrockinon.comにて! (内瀬戸久司)

最新ブログ

フォローする