イアン・ブラウン、ザ・ストーン・ローゼス再結成は現実に起きていて、また世界を制覇すると友人にメール

イアン・ブラウン、ザ・ストーン・ローゼス再結成は現実に起きていて、また世界を制覇すると友人にメール - 1989年作『ストーン・ローゼズ』1989年作『ストーン・ローゼズ』

元ザ・ストーン・ローゼスのイアン・ブラウンは、ザ・ストーン・ローゼスの再結成は確実に実現すると語ったと伝えられている。

10月17日付のザ・サン紙によると、イアンの友人のストリート系マジシャンでシングル“ジャスト・ライク・ユー”のヴィデオにも登場するダイナモがザ・サン紙の記者にイアンからの再結成のことを知らせるショートメールを見せたとのことで、それによれば、イアンのメールは「俺たちはまた世界を制覇する。今動き始めているんだ」というものだったという。

今回の再結成騒動は10月14日に、大手広報代理店が18日火曜日に予定している重要記者会見がザ・ストーン・ローゼスの再結成に関するものなのかどうか、それを肯定も否定もしなかったことで一気に火が点いた。前回再結成が噂されたのは昨年の4月にイアンとギターのジョン・スクワイアが1996年のバンドの解散以来初めてと思われる会合を果たした時だった。

14日の時点でNMEの問い合わせにオリジナル・ドラマーのアラン・レニ・レンが答えていてその時点でレニは再結成に関わっていることを否定していたが、17日のザ・サン紙の報道ではこのレニの発言はフェイントで、今回の再結成にレニは深く関わっているとのことだ。

さらにザ・サン紙はエルボーのガイ・ガーヴィーがやはりザ・ストーン・ローゼスの再結成を確認していると伝えていて、さる関係者筋の談話として「ガイが自分の友達とかにこの夏マンチェスターでオリジナル・ラインナップでリハーサルを行っていたことを話してたんだよ」という話を紹介している。

金曜からの臆測が正しいとすると、ザ・ストーン・ローゼスは来年の夏、マンチェスターのヒートン・パークで大規模な屋外ライヴを決行するものと予想されている。ヒートン・パークでは2009年にオアシスが3日間にわたって21万人超える動員を果たすライヴを行っている。

ダイナモがゲスト出演するイアンの“ジャスト・ライク・ミー”のビデオはこちらから→
http://bcove.me/8p1xn3u3


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする