デクラン・マッケンナをサマー・ソニックで観る

デクラン・マッケンナをサマー・ソニックで観る
ロンドンの児島さんから、日本で話題になる前から、とんでもない少年が現れたと言われていたので、ライブをとても楽しみにしていた。
期待以上の素晴らしいパフォーマンスだった。まさに18歳、文字通りの少年なので、技術的に幼いところはあるが、存在感や歌の力は凄い。話題の「ブラジル」は社会性のあるテーマを歌ったものではあるが、そのテーマ選択の動機のひとつが話題性を狙ったものであるとインタビューで語ってしまうしたたかさがパフォーマンスに現れている。
ちょっと注目されるのが早すぎた気して心配していたが、ステージでの堂々とした振舞いをみていると、安心していて大丈夫そうだ。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする