ノーベル文学賞の選考主体が受賞者の名前などの情報漏洩を認める。セクハラ疑惑も弁護士などが調査し「受け入れられない振る舞い」があったと断定。

ノーベル文学賞の選考主体が受賞者の名前などの情報漏洩を認める。セクハラ疑惑も弁護士などが調査し「受け入れられない振る舞い」があったと断定。
メンバー18人のうち6人が辞意を示し、ノーベル文学賞の選考主体であるスウェーデン・アカデミーは事実上機能停止状態に。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする