ペール・ウェーヴスのセカンド・アルバムで、ヘザーが見せた、自分を自分らしく表現出来るポップな音世界。番組では紹介できなかったけれど、ある意味この作品を象徴するナンバー「チェンジ」のMVを見て欲しい。

ペール・ウェーヴスのセカンド・アルバムで、ヘザーが見せた、自分を自分らしく表現出来るポップな音世界。番組では紹介できなかったけれど、ある意味この作品を象徴するナンバー「チェンジ」のMVを見て欲しい。
ポップなメロディーだが歌われているのは「前にもあなたには千回傷つけられたから、でも今すぐ会いたい、だからもう一度傷つけて」という恋愛の暗黒。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする