RADWIMPSからthe HIATUSへ。雨が上がったフジロック、熱いです

RADWIMPSからthe HIATUSへ。雨が上がったフジロック、熱いです
RADWIMPS、初のフジロック。
2曲目で前前前世というかっ飛ばしっぷり。
これまで客として観に来ていたフジロックに出演している興奮が歌と演奏にこもっているのがあからさま。
硬・軟、早いのゆっくりの、古いの新しいの取り混ぜながらどんどん進んでいく。
夏の終わりを歌ったセプテンバーさんが苗場の緑の中を流れていく。


後ろ髪を引かれる思いでthe HIATUSを観にホワイトステージへ急ぐ。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする