純度の高いギター・ポップ

ナイル・マー『アー・ユー・ハッピー・ナウ?』
発売中
ALBUM
ナイル・マー アー・ユー・ハッピー・ナウ?

2016年に自身が率いるマン・メイドで『TVブローク・マイ・ブレイン』を発表しているが、ソロ名義では初となるナイル・マーのアルバム。彼に関してはどうしても、ジョニー・マーの息子であることがつきまとう。当然、ミュージシャンとして活動すれば、元ザ・スミスの偉大なギタリストである父と比較される。そのことへの反発もあったのだろう。かつてのナイルは、プレイ・スタイルが父と似ているとは思わない、自分は自分の音楽を追求するとやや不満げに口にしていた。

だが、今の彼にそうした思考のこわばりは見られない。近年は、父と入れ替わるような形でハンス・ジマーのツアーのメンバーになっていた。ジマーといえば『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『ライオン・キング』などを手がけた映画音楽のヒット・メーカーである。ロックとは異なる曲に参加し、フラメンコ・ギターやバンジョーまで弾いたことは、ナイルの演奏の幅を広げ、自らの創作意欲を刺激することになった。ツアー終了後、彼は故郷マンチェスターに戻り『アー・ユー・ハッピー・ナウ?』を制作したのである。

映画音楽と向きあったことで、自分が好むバンド・サウンドをかえって見つめ直すことができたのだろう。純度の高いギター・ポップ・アルバムになっている。細やかなバッキングに彩られたメロディアスな曲が多い一方、アグレッシブなリフを叩きつけたり、せわしないリズムで攻めたりする場面もある。なかにはザ・スミスが演奏しても不思議ではない曲もあったりする。父と違うことをするんだというような硬直した姿勢はない。ポップ・ミュージックの伝統からの影響を咀嚼したうえで、自分がいいと思う音楽を素直に展開している。ナイルのギターもボーカルも伸びやかだ。(遠藤利明)



視聴はこちら

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』2月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


ナイル・マー アー・ユー・ハッピー・ナウ? - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする