新曲“Brave Freak Out”で生まれた、新しい「LiSAのスタンダード」とは?

  • 新曲“Brave Freak Out”で生まれた、新しい「LiSAのスタンダード」とは?
  • 新曲“Brave Freak Out”で生まれた、新しい「LiSAのスタンダード」とは?
  • 新曲“Brave Freak Out”で生まれた、新しい「LiSAのスタンダード」とは?
  • 新曲“Brave Freak Out”で生まれた、新しい「LiSAのスタンダード」とは?

4月でデビュー5周年を迎え、さらに11月には横浜アリーナ2daysを控えるなど、ますますその人気が拡大しているシンガーのLiSA。現在放送中のTVアニメ『クオリディア・コード』OP主題歌となる10thシングル『Brave Freak Out』(8月24日リリース)は、今までにないLiSAの「余裕」を感じさせ、彼女が新しい境地にたどり着いたことを確信させる1枚だ。8月19日発売の『CUT』9月号では、LiSAが最新曲“Brave Freak Out”、そして新たにつかんだ音楽との向き合い方を語ったインタビューが掲載されている。

「アニメの作品にきちんと寄って作っていこうっていう気持ちや姿勢、LiSA自身の武器というか、フィード感とかテンポとか言葉尻や音も含めて、“LiSAの色”をここできちんと作ろうっていうことは、すごく意識的にやりました」

5年間を駆け抜けて見えた「LiSAらしさ」を、改めて意識して作られた“Brave Freak Out”は、今のLiSAだから歌える「LiSAのスタンダード」でもある。新たなスタート地点ともいえるこの曲は、LiSAに自身の立ち位置を再確認させ、「余裕」をもたらした。そしてそれが、LiSAを表現者として新しいステージに押し上げた。

「LiSA自身のドラマを重ねながらじゃないと力強い曲は歌ってこられなかったけど、今は見せられてないところも含めて、ちゃんと音楽にできるようになってきたと思います。(中略)自分は曲とどう向き合うのか、というところが上手になった気がします」

音楽と向き合うことで、楽曲の新しい魅せ方をつかみはじめたLiSA。11月の横アリ、そしてさらにその先でどんな景色を見せてくれるのか。
先に進むために脱皮した瞬間のLiSAをとらえた、ファン必読のインタビューだ。

CUT 2016年9月号
http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/143292
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする