デイヴ・グロール、映画を制作中? 現在休止中だが、「いつかはまたやる予定」と発言

デイヴ・グロール、映画を制作中? 現在休止中だが、「いつかはまたやる予定」と発言 - Foo Fighters photo by Brantley GutierrezFoo Fighters photo by Brantley Gutierrez

デイヴ・グロールが映画の制作に携わっていることを明らかにした。

ニュー・アルバムの先行シングル“Run”のミュージック・ビデオに引き続き、自身が監督を務めた“The Sky Is A Neighborhood”のミュージック・ビデオも公開されたばかりだが、デイヴは「Rolling Stone」に対し、昨年長編映画の制作に携わる機会があったことを明かしている。


昨年映画の制作に携わり「大物俳優」のキャスティングも経験したというデイヴは、「はじめはちょっと躊躇していたものの、すぐに乗り気になった」と明かしつつ今後の計画を語った。

「最初は自分にできるかどうか分からなかったんだけど、気持ちが固まるとすぐに没頭していったんだ。スクリプトに入り込んで、それを映像にすることにも熱中してね。ただ、時間がどうしても足りなかった。いつかはまたやる予定だよ。でも、フー・ファイターズにいつも邪魔されちゃうからさ(笑)。

年々、フー・ファイターズの仕事に力が入っていくのが自分でも分かるよ。映画は今リライトの段階だから、それが一旦終われば、キャスティングもちゃんと決まってチーム再始動って感じだね。でも、普段の(バンドの)仕事が好きなんだ。本当に楽しんでやってるんだよ」

この映画についての詳細は明かされていないものの、デイヴの発言によると、映画の制作を始めた段階で一旦休止中のようだ。今後デイヴに時間ができれば、映画の制作が本格的に再始動する可能性もあるかもしれない。

最新ブログ

フォローする