ウォルター・ベッカー逝去。ドナルド・フェイゲン、ナイル・ロジャース等が追悼のメッセージ

ウォルター・ベッカー逝去。ドナルド・フェイゲン、ナイル・ロジャース等が追悼のメッセージ

スティーリー・ダンの主要メンバーである、ギタリストのウォルター・ベッカーが亡くなった。67歳だった。逝去の報は公式サイトで発表されたものの、死因など詳細は明らかになっていない。

1972年に活動を開始したバンド、スティーリー・ダンでドナルド・フェイゲンと共に“Do It Again”や“Reelin in the Years”など、数々のヒット曲を生み出してきたウォルター・ベッカーだが、スティーリー・ダンが出演した7月の音楽フェス「The Classic West」と「The Classic East」には健康上の問題により参加していなかった。

「Billboard」によると、ドナルド・フェイゲンからは「ウォルターは現在回復中で、すぐに復帰できることを願う」と発表されていたという。

なお、ドナルド・フェイゲンはFacebookに追悼のメッセージを投稿している。

そしてこの他にも、ナイル・ロジャースやスラッシュ、ライアン・アダムス等が追悼のメッセージを発表している。

ナイル・ロジャース:「とても悲しいニュースだ。私の好きなバンドのひとつだった」

スラッシュ:「安らかに」

ライアン・アダムス:「ウォルター・ベッカー、あなたの音楽は私の人生を変えてくれました。深く愛された友よ……天国で安らかに」

マーク・ロンソン:「ウォルター・ベッカーよ、安らかに。ピアノの前に座る度、あなたみたいになれればと思っていました。音楽界への計り知れない貢献をありがとう」

サンダーキャット:「ウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンは、僕の音楽に対する考え方を形成してくれた人物です。あなたは僕の心の中に生き続けます。ありがとうウォルター」

最新ブログ

フォローする