ノエル、日本独自インタビュー解禁! 新作秘話、ジョニー・マーへの賛辞や来日への言及も?

ノエル、日本独自インタビュー解禁! 新作秘話、ジョニー・マーへの賛辞や来日への言及も? - Photo by Mitch IkedaPhoto by Mitch Ikeda

ニュー・アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』がいよいよ本日、11月22日に日本先行リリースとなったノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズだが、ノエル・ギャラガーの日本独自インタビューの映像が到着。

この新作で「自分のレベルがピークに達した」というノエルはインタビューの中で、過去2作と違い「アコースティック・ギターを一切弾いていない」などの制作秘話を語っている他、収録曲“If Love Is the Law”に参加したジョニー・マーについても「今回もまた」素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと賞賛の言葉を贈っている。

また、本作のプロデューサーに迎えたデヴィッド・ホルムズとの仕事はこれまでと大きく違っていたようで、はじめは「何が起こっているのか、さっぱり分からなかった」のだとか。しかし自身が長い間ファンだったというホルムズとの制作は、結果的に「クリエイティブな旋風の中にいるようなもの」になったのだと語っている。

30分弱のインタビュー映像の中には、一連の英テロ事件から頻繁に歌われている“Don’t Look Back In Anger”に対し「テロ事件がなければあの曲はそのままの姿だった」とある種の悲しみを抱いていると明かす場面も。



そして映像には収録されていないものの、ノエルはこの他にもデーモン・アルバーンについても言及。ゴリラズの最新作『ヒューマンズ』収録の“We Got the Power”に参加したことも話題になっていたノエルだが、「実は彼に本作でプレイしてもらいたかったんだけれど、彼にはその時間がなかった」と、デーモン・アルバーンが『フー・ビルト・ザ・ムーン?』に参加する可能性があったことも明かしていたようだ。

さらには来日についても「俺次第なのだとしたら、日本には今すぐにでも行きたいよ」と発言したノエルは、「世界中で一番お気に入り」という日本への思いも以下のように語っている。

日本での滞在はいつも楽しいんだ。時差ボケでとても疲れているということはあるが、行くのをとても楽しみにしている。それがなぜなのかを説明することはできないんだ。

長い道のりだし、誰からも常にサインを求められて追いかけられ、面倒くさいんだが、そういうのをすべてひっくるめても、世界中で一番お気に入りの場所なんだ。


「太った人たちばかり」というヨーロッパに比べて「俺のサイズの服があるから」日本を気に入っているというノエルは、「是非やりたいのは、俺の子どもたちを連れて行くこと」とも発言。

息子ソニーに「お父さん、日本人は何を求めているの?」と「深い」質問を投げかけられたというノエルは「分からないよ。分からないけれど、次に行った時に調べて、教えるよ」と答えたのだといい、日本のファンに対して以下のようなコメントも残していたようだ。

日本のファンのみんな、俺が次に日本に行った時、何が欲しいのか教えてくれ。俺から、というのではなく、一般的にね。何を求めているんだい?何が欲しいんだ?




はたして、私たち日本人は「何を求めているのか」ーー今年7歳の誕生日を迎えたソニーの疑問への答えを探りつつ、『フー・ビルト・ザ・ムーン?』を引っ提げたノエルの来日を楽しみに待ちたい。

『フー・ビルト・ザ・ムーン?』の詳細は以下。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする