リアム、オアシス時代の役割分担を語る。「ノエルは俺が遊んでる間にちゃんと仕事してた」

リアム、オアシス時代の役割分担を語る。「ノエルは俺が遊んでる間にちゃんと仕事してた」

「GQ」のインタビューに答えたリアム・ギャラガーが、オアシスでの自身の立ち位置について語っている。

「オアシス時代、ボーカルを担当するばかりで曲を書かない、という立場には満足していましたか?」との質問に対し、リアムは以下のように答えている。

もちろんさ。本気でね。スコアはちゃんと知ってたし。そっちはノエルの担当だったんだよ。俺の方はお決まりの展開を見せるって担当。セックス、ドラッグ、ロックンロールってね。そのために俺がいたようなもんさ、そうだろ? あれが俺の存在意義だったんだ。

この(役割分担の)おかげでオアシスは機能してた。2人共がつまんねえアホになってもダメだし、俺みたいなイカれた奴になってもダメだったんだ。でも、俺のあの感じが奴(ノエル)をどれだけイライラさせてたかって話だよな。ノエルは俺が遊び歩いてる間に、ちゃんと仕事してたんだから。

でも、両方がノエルだったり両方がリアムだったらオアシスは成り立ってなかったね。ザ・ローリング・ストーンズだって、メンバーが尼さんだったらああはなってないだろ?

曲を書くって担当になっちゃったノエルは気の毒だなとも思うけどよ、8個も家持ってんのは誰だよって感じだよな。ロックスターの生活してるって奴は言うけど、本物のロックスターはここにいるぜ。


オアシスの楽曲はほとんどがノエル・ギャラガーによって書かれたものだが、“Songbird”をはじめ、ジョン・レノンに捧げた“I'm Outta Time”など、リアムも数曲楽曲制作を担当している。



関連記事はこちら。

リアム、オアシスの再結成を匂わす発言?「ノエルへの愛は疑いようのない事実」
ソロとして初のアルバム『As You Were』のリリースを10月に控えるリアム・ギャラガーだが、同作のプロモーションでインタビューを受けた際、「ノエルと音楽を作ること」に対して前向きであることを明かした。 英「ロイター」によると、インタビューの中でリアムは「リアムのソロ・アルバムや…
リアム、オアシスの再結成を匂わす発言?「ノエルへの愛は疑いようのない事実」

最新ブログ

フォローする