【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介

【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介

現地時間1月28日に授賞式が開催される第60回グラミー賞だが、「Best New Artist」にノミネートされた新人アーティスト5名に注目が集まっている。

今年のグラミー賞ではザ・チェインスモーカーズやアンダーソン・パークらと共にノミネートされたチャンス・ザ・ラッパーが受賞を果たした「Best New Artist」だが、今年はアレッシア・カーラ、ジュリア・マイケルズ、カリード、リル・ウージー・ヴァート、そしてSZA(シザ)の5名が候補に。

本記事では「Entertainment Weekly」などをもとに、今年活躍した候補者5名の簡単なプロフィールを紹介していく。

  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介
  • 【第60回グラミー賞】SZAやカリードら、「Best New Artist」候補の新星5名を一気に紹介

アレッシア・カーラ


2015年に『Know-It-All』でデビューした21歳のアレッシア・カーラは、印象的なミュージック・ビデオでも話題になった“Scars To Your Beautiful”を昨年発表している他、今年に入りゼッド(“Stay”)とロジック、カリード(“1-800-273-8255”)とコラボしたことでも注目を集めている。

“Stay”は「Best Pop Duo/Group Performance」に、自殺防止センターの電話番号をタイトルにした“1-800-273-8255”は「Best Music Video」にそれぞれノミネートされている。

Alessia Cara - Scars To Your Beautiful

ジュリア・マイケルズ


11月に24歳の誕生日を迎えたばかりのジュリア・マイケルズは今年1月にデビュー・シングル“Issues”をリリース。

自身がシンガーとしてデビューする前からフィフス・ハーモニーやデミ・ロヴァートらの作品の制作を手掛けており、その後はソングライターとしてリンキン・パーク(“Heavy”)やジャスティン・ビーバー(“Sorry”)、セレーナ・ゴメス(“Bad Liar”他多数)、ブリトニー・スピアーズ(“Just Luv Me”他多数)など、多くのアーティストの楽曲に参加している。

ジュリア・マイケルズは今回、「Best New Artist」だけでなく“Issues”で「Song Of The Year」にもノミネートされている。

Julia Michaels - Issues

カリード


候補者の中で最年少となる19歳のカリードは、チャイルディッシュ・ガンビーノ、No I.D.、そしてSZA(シザ)と並び5部門にノミネート。「Best New Artist」以外には「Song Of The Year」、「Best R&B Song」、「Best Urban Contemporary Album」、そして「Best Music Video」にノミネートされている。

カリードはSoundCloudに自身の楽曲をアップしたところ、米メディアが取り上げ話題に。2016年にリリースしたデビュー・シングル“Location”のミュージック・ビデオがYouTubeで1億8000万回以上再生されるなどヒットを記録した後、今年3月にデビュー・アルバム『アメリカン・ティーン』をリリースした。

Khalid - Location

リル・ウージー・ヴァート


23歳のラッパー、リル・ウージー・ヴァートは2015年から2016年にかけて3枚のミックステープをリリースし、その後今年の8月に1stスタジオ・アルバム『Luv Is Rage 2』をリリースした。

音楽的に最も影響を受けたアーティストはマリリン・マンソンであることを公言しているリル・ウージーは、記録的なヒットを飛ばした“Bad and Boujee”でミーゴスとフィーチャリングしたことで一躍その名を知られることとなった。その後“XO Tour Llif3”が全米7位を記録している。

“Bad and Boujee”は「Best Rap Performance」にノミネートされている。

Lil Uzi Vert - XO Tour Llif3

SZA


第60回グラミー賞で女性最多部門にノミネートされたSZAは、ケンドリック・ラマーに見込まれトップ・ドウグ・エンターテイメント(TDE)に紅一点シンガーとして所属する28歳だ。

SZAは2012年にEP『See.SZA.Run』をインディー・レーベルからリリース。その後2013年に2ndEP『S』をリリースしたあと、TDEとの契約を明らかにした。そして今年の6月、1stフルアルバム『Ctrl』をリリースし、主要海外メディアからの賞賛を浴びることになる。
マルーン5と共演した“What Lovers Do ft. SZA”のヒットも記憶に新しい。

「Best New Artist」以外には「Best R&B Performance」、「Best R&B Song」、「Best Urban Contemporary Album」、そして「Best Rap/Sung Performance」の全5部門にノミネートされている。

SZA - Drew Barrymore



今年も注目株が揃い踏みの「Best New Artist」だが、果たしてグラミー賞のトロフィーは誰の手に渡るのだろうか。授賞式は2018年1月28日に開催される。

ここで紹介した5名も候補に上がる、主要な賞のノミネート一覧は以下の記事より。

【第60回グラミー賞】ジェイ・Zが最多8部門にノミネート。ケンドリック、ブルーノ・マーズが続く
60回目の節目を迎える2018年のグラミー賞の全ノミネーションが発表された。授賞式は2018年1月28日(現地時間)にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて開催される。 発表されたノミネーション一覧によると、ジェイ・Zの最多8部門に続き、ケンドリック・ラマーが7部門、ブルー…
【第60回グラミー賞】ジェイ・Zが最多8部門にノミネート。ケンドリック、ブルーノ・マーズが続く

最新ブログ

フォローする