フォールズに12年在籍のベーシスト、ウォルターが脱退を発表。新作を制作中とも明かす

フォールズに12年在籍のベーシスト、ウォルターが脱退を発表。新作を制作中とも明かす

フォールズのベーシスト、ウォルター・ジャーヴァースの脱退がバンドの公式Twitterで発表された。

ウォルターは約12年の間フォールズに在籍しており、脱退後の音楽活動については現在明らかにされていない。

バンドによるメッセージの一部は以下。


僕らのファンのみんなへ

悲しいことに、僕たちの仲間であるウォルターが新たな人生を歩むため、バンドを去ることを決意したことをお知らせしなければなりません。

悲しい別れではありますが、僕たちが固い絆で結ばれていることには変わりありません。彼はこれからも僕たちのブラザーであり、僕たちは愛と共に彼の今後の歩みを応援し続けます。


なお、このメッセージの最後にはバンドが5thアルバムを制作中であることも明かされている。このアルバムは「これまでで最高」の仕上がりになっているとのことだ。

リリースの時期などは明らかになっていないものの、同新作は2015年リリースの『ホワット・ウェント・ダウン』以来の作品となる。

「Radio X」によると、フロントマンのヤニス・フィリッパケスは本新作の制作にあたり、バンドに「ある種暴力的な変化」が必要だったと語っていたようだ。

最新ブログ

フォローする