ジミー・ペイジ、ツェッペリンの再結成は「非常に疑わしい」。「いくつもリリースの予定がある」とも

ジミー・ペイジ、ツェッペリンの再結成は「非常に疑わしい」。「いくつもリリースの予定がある」とも - (c)Atlantic Records(c)Atlantic Records

結成50周年を記念し10月にアート・ブックを発売することを発表したレッド・ツェッペリンだが、ジミー・ペイジが英「Planet Rock」のインタビューの中で、バンドの再結成についてや、今後の新たなライブ・アルバムや新曲のリリースについて語っていたことが分かった。

これまでにも否定されてきたレッド・ツェッペリンの再結成だが、ペイジは今回のインタビューでも、再結成は「非常に疑わしい」とコメント。

約10年前に再結成コンサートを行ったことを挙げながら、「あの時は、あの大切なコンサートを実現させることができた。あれは長い年月の中で僕らがやった唯一のことで、僕らがさらに何かやるってことは考えづらい。本当に、時は過ぎ去ったんだよ」とも話していたようだ。

さらにペイジは「計画を全部バラしてしまうことはできないんだけど」と前置きをした上で、今後のリリースについても以下のように語った。

新たなマルチ・トラックをリリースするために、レコーディングをやってるんだ。これまでに発表してきたものとはまったく違っている。『伝説のライヴ』や『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』とはまた視点が違う作品だね。早く聴いてほしいよ。

他にも色々と、いくつもリリースの予定がある。この先10年のスパンで出していく予定だ。まだまだ新しい発表があるよ。


ペイジは以前にも別のインタビューで、2018年中には「サプライズの予定が色々とある」と語っており、「誰も聴いたことがない」音源のリリースも示唆していた。

なお、メンバーの共同プロデュースにより制作されたというアートブック『Led Zeppelin by Led Zeppelin』は現在、ロンドンの出版社Reel Art Pressの公式サイトからプレオーダーが可能となっている。

全368ページで価格は49.95ポンド(約7800円)の同アートブックには、未公開のものも含めたバンドのライブ写真やステージ裏のオフショット、レコーディング・スタジオで撮影された写真、そしてアートワークなども収められているという。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする