日本マドンナ、4月に再結成。約6年ぶりの新作『ファックフォーエバー』発売

日本マドンナ、4月に再結成。約6年ぶりの新作『ファックフォーエバー』発売
日本マドンナが、4月25日(水)にニューミニアルバム『ファックフォーエバー』を、自身のレーベル「二日目レコード」より発売する。これをもって正式に再結成することになる。

今作は、解散ライブからちょうど丸5年後にリリースされる作品。解散ライブでラストナンバーとして披露された“ファックフォーエバー”をタイトルに掲げ、以前よりライブでは披露されていたが音源化はされていなかった“デブス”、“寿司屋”、廃盤となった『卒業制作』収録“田舎に暮らしたい”のアンサーソングとも言える“田舎に暮らしてる”など、新曲を含む全8曲が収録される。レコーディングエンジニアは前作に引き続き、越川和磨(THE STARBEMS)が手がけた。

今回の発表にあわせて、アルバムの全曲が聴けるトレーラーも公開。ライブやレコーディング風景などの映像で構成されている。


また、同作を携えてのレコ発ライブが4月30日(月)に新宿レッドクロスで開催されることも決定している。

日本マドンナは、2009年3月に当時高校生の杏奈(B・Vo)、まりな(G・Cho)、中学生のさと子(Dr)の3人で結成。同年冬にCOUNTDOWN JAPANへ出演し、2010年7月には1stミニアルバム『卒業制作』、半年後には2ndミニアルバム『月経前症候群〜PMS〜』をリリース。2012年6月に3作目『バンドやめろ』を発表したが、2013年4月24日の新宿紅布公演をもってバンドは解散。その後、2016年12月よりライブ活動を再開させ、今年1月に行われた企画ライブで新たなCDを制作することを発表していた。

日本マドンナ、4月に再結成。約6年ぶりの新作『ファックフォーエバー』発売 - 『ファックフォーエバー』4月25日発売『ファックフォーエバー』4月25日発売

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする