ピート・ドハーティ、ベーシストを巡ってリアム・ギャラガーとの「スポンサー付き」ボクシング・マッチを提案。「俺がリアムの体重を測ってやる」

ピート・ドハーティ、ベーシストを巡ってリアム・ギャラガーとの「スポンサー付き」ボクシング・マッチを提案。「俺がリアムの体重を測ってやる」

新バンドPeter Doherty & The Puta Madresを結成したピート・ドハーティが、在籍していたベイビーシャンブルズのベーシスト、ドリュー・マッコーネルがリアム・ギャラガーのバンドに参加していることについて、「ボクシング・マッチで闘うべきだ」と語っていることがわかった。


Radio X」によると、英ポットキャスト番組「Phil Taggart's Slacker Podcast」にピートが出演した際、ドリュー・マッコーネルについて聞かれ、「俺たちはスポンサー付きのボクシング・マッチをやるべきだな。そんで、負けた奴がドリューを勝ち取るんだ」と答えていたという。

さらに、「聞けよ。俺がリアムの体重を測ってやる。俺がな」、「俺たちもチャリティも大金を稼げるだろうよ。スパーリングの相手を見つけなくちゃな。どこでスパーリングの相手にってくれる、サイズが3フィートのマンチェスター男を見つけられるかな?」と言い、自分より身長が低いリアムについてコメントしていたとのこと。


2005年にリアムはイギリスで開催された「V Festival」のステージで、オアシスのツアー「Don't Believe The Truth Tour」のサポートとして参加しなかったザ・リバティーンズのボーカルだったピートをなじったことがあった。

そのことについてピートは、「俺はここに座って騒ぎ立ててる訳じぇねえ。この話をしたら、俺のダチの10人のうち9人は笑うぜ。V Festivalには会場にデカいチンコの風船があってさ、奴が観客に向かって『ピート・ドハーティに会えて嬉しかったぜ。いい日になった』って言ってたから奴に借りだな。リアムには平手打ちが必要だ」と語っていたそうだ。

過去、ピートは自身のバンドのベーシストを引き抜かれてしまったことで「ストレスに満ち溢れている」と語っており、リアムはリューのことを「ファッキン天才」、「ファッキン・ベイビーシャンブルズを続けるために強情な野郎になってると思ったんだけどよ」と評していた。


リアムとピートはそれぞれ、シンガーであるリサ・ムーリッシュとの間に1児をもうけており、2人の間には長年確執が続いている。
2人の確執については以下の記事が詳しい。

【不仲の理由】リアム・ギャラガーとピート・ドハーティー、20年前に遡る確執の歴史をたどる
20年前の8月21日、オアシスの3rdアルバム『ビィ・ヒア・ナウ』がリリースされた。 リリース当日にはロンドンのレコード店にオアシスのファンたちが長蛇の列をなしていたが、その中には18歳のピート・ドハーティの姿もあった。「MTV」から突撃インタビューを受けたピートの映像は今でも観るこ…
【不仲の理由】リアム・ギャラガーとピート・ドハーティー、20年前に遡る確執の歴史をたどる
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする